【メガネ不要の3Dディスプレイ】一言で言うと、

視聴者の代わりにディスプレイにメガネをかけて3D立体視を行う

 詳細な解説は、リクルートキーマンズネット「メガネ不要の裸眼3Dの仕組み」へどうぞ。

キーマンズネットより引用

それでは、メガネ不要の3Dディスプレイはどのような原理で3D映像を実現しているのだろうか。簡単に言ってしまえば、視聴者が専用メガネをかける代わりに、3Dディスプレイに専用メガネをかけることで、視聴者がメガネをかけなくても済むようにしているのである。この実現方法としては複数の方式が開発されているが、ここでは図1の製品で採用されている8視差の「パララックスバリア方式」について説明しよう。

この続きは、リクルートキーマンズネット「メガネ不要の裸眼3Dの仕組み」で。