ネットワークの仕組み、ちょっとおべんきょしてみましょう!
コンテンツ

Dynamips/Dynagen/GNS3

仮想環境でのネットワーク&サーバ構築 その3

VMware Playerの仮想ネットワークアダプタの追加 【カスタムの仮想ネットワークアダプタ】 Dynamips上で動作しているルータとホストOSが認識しているネットワークアダプタを接続することができます。つまり、特 …

仮想環境でのネットワーク&サーバ構築 その2

VMware Playerの仮想ネットワークアダプタの概要 【ゲストOSのネットワークアダプタ】 VMware PlayerでゲストOSを稼働させると、ゲストOSは仮想ネットワークアダプタを介してネットワークに接続される …

仮想環境でのネットワーク&サーバ構築 その1

概要 個人で利用するPCのCPUはどんどん高性能化してメモリやストレージもとても大容量化しています。Webやメール、ドキュメントファイルの作成などの個人で利用する分にはいまのPCはオーバースペックで、コンピューティングリ …

Dynamips パフォーマンス調整についての動画解説

Dynamips/Dynagenでたくさんのルータをエミュレートするときには、適切なパフォーマンス調整を行うことがポイントです。パフォーマンス調整しないと10台以上の検証環境を作ることはとても難しくなってしまいます。 D …

Dynamips 設定の管理と検証の中断・再開についての動画解説

Dynamips/Dynagenでルータをエミュレートしているとき、ルータの設定をどのように管理しているかについて解説をあまり見たことがありません。そして、検証を中断・再開するための方法についての解説も見かけたことがあり …

DynamipsでCCIEラボ試験の勉強を快適に行うためのオススメPC

CCIE Routing & Switchingラボ試験の機器 CCIEラボ試験で利用する機器は、次の通りです。 Trouble Shootingルータ30台程度 Configurationルータ:5台 + 3台 …

Dynamips パフォーマンスの調整 その2

プロセスの分散化 1つのDynamipsプロセスでたくさんの仮想ルータを稼働させると、適切なidlepc値を指定していてもCPU負荷が高くなり、設定のレスポンスが悪くなります。また、シリアルインタフェースがフラッピングし …

Dynamips パフォーマンスの調整 その1

ルータ数台程度のエミュレートであれば特に意識する必要はありませんが、CCIEラボ試験レベルの検証環境を作るときにはパフォーマンスの調整が必要です。主なパフォーマンスの調整について解説します。 Dynagen設定ファイル( …

Dynamipsでエミュレートするルータの設定管理

NVRAM用ファイル Dynamipsでエミュレートしているルータを起動すると、ハードディスクにルータのNVRAMやフラッシュ用のファイルが生成されます。 NVRAM:[ルータモデル]_[ルータ名]_nvram フラッシ …

Dynagenの主なコマンド

Dynagen上でエミュレートしているルータの管理を行うことができます。次の表は、Dynagenで利用できる主なコマンドをまとめたものです。 表 Dynagenの主なコマンド Dynagenコマンド コマンドの概要 li …

« 1 2 3 »

サイト内検索

twitter

PAGETOP
Copyright © Office N-Study All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.