ルータの設定の管理

GNS3上でエミュレートしているルータのstartup-configをインポートまたはエクスポートすることが可能です。

【startup-configのインポート】

GNS3のルータのstartup-configへインポートするための手順は次のとおりです。

  1. インポートする設定ファイルの作成
  2. インポートする設定ファイルのディレクトリの指定

あらかじめインポートする設定ファイルとして、「<ルータ名>.cfg」のファイル名を作成しておきます。そして、GNS3上で[インポート/エクスポート]アイコンをクリックして、インポートする設定ファイルを置いているディレクトリを指定します。

gns3_30.png
gns3_31.png

ルータを再起動させれば、インポートした設定ファイルで動作します。

【startup-configのエクスポート】

各ルータのstartup-configを任意のディレクトリにテキストファイルとしてエクスポートすることができます。startup-configのファイル名は「<ルータ名>.cfg」です。GNS3上で をクリックして、設定ファイルをエクスポートするディレクトリを指定します。

gns3_30.png
gns3_32.png