この部分の広告を募集しています。 詳しくはこちら

Dynagenの主なコマンド

(所属カテゴリー:Dynamips/Dynagen/GNS3 | シスコ---投稿日時:2010年6月30日)

Dynagen上でエミュレートしているルータの管理を行うことができます。次の表は、Dynagenで利用できる主なコマンドをまとめたものです。

表 Dynagenの主なコマンド
Dynagenコマンド コマンドの概要
list エミュレートしている機器を表示する
start ルータを起動させる
stop ルータを停止させる
reload ルータを再起動させる
console ルータのコンソールに接続する
telnet ルータのコンソールに接続する
save ルータのstartup-configを.netファイルに保存する
export ルータのstartup-configをテキストファイルへエクスポートする
import テキストファイルの設定情報をルータのstartup-configにインポートする
captre 指定したルータのインタフェースのパケットをキャプチャする

以降で、上記のコマンドについて解説します。

list

listコマンドによって、現在エミュレートしているルータを一覧表示できます。

listコマンドの例

-----------------------------------------
=> list
Name       Type       State      Server          Console
R1         3640       running    localhost:7200  2001
R2         3640       running    localhost:7200  2002
R3         3640       running    localhost:7200  2003
R4         3640       running    localhost:7201  2004
R5         3640       running    localhost:7201  2005
R6         3640       running    localhost:7201  2006
FR         FRSW       always on  localhost:7201  n/a
-----------------------------------------

上記のように、listコマンドによってDynagen設定ファイルで定義しているルータ名、モデル、Dynamipsサーバの情報やコンソール接続するためのポート番号がわかります。

start

startコマンドによってエミュレートしているルータを起動させます。startコマンドの後に、起動させたいルータ名を指定します。「/all」と指定するとすべてのルータを起動させます。その際、delayを指定することもできます。

startコマンドの例

-----------------------------------------
=> start /all 5
100-VM 'R4' started
Delaying start of next device for 5 seconds...
100-VM 'R5' started
Delaying start of next device for 5 seconds...
100-VM 'R6' started
Delaying start of next device for 5 seconds...
100-VM 'R1' started
Delaying start of next device for 5 seconds...
100-VM 'R2' started
Delaying start of next device for 5 seconds...
100-VM 'R3' started
Delaying start of next device for 5 seconds...
-----------------------------------------

stop

stopコマンドによりエミュレートしているルータを停止させます。startコマンドと同じように停止させたいルータ名か、/allを指定します。

stopコマンドの例

-----------------------------------------
=> stop /all
100-VM 'R4' stopped
100-VM 'R5' stopped
100-VM 'R6' stopped
100-VM 'R1' stopped
100-VM 'R2' stopped
100-VM 'R3' stopped
-----------------------------------------

reload

reloadコマンドによりエミュレートしているルータを再起動させます。startコマンドと同じように停止させたいルータ名か、/allを指定します。

reloadコマンドの例

-----------------------------------------
=> reload R1
100-VM 'R1' stopped
100-VM 'R1' started
-----------------------------------------

※ ルータのCLIでreloadコマンドを実行しないでください。CLIのreloadコマンドを実行すると、ループしてしまいます。ルータを再起動するときはDynagen上でreloadコマンドを実行してください。

console

consoleコマンドによって、指定したルータのコンソールに接続します。その際、WindowsのTelnetクライアントを利用します。

consoleコマンドの例

-----------------------------------------
=> console R1
-----------------------------------------

telnet

consoleコマンドと同じです。telnetコマンドで指定したルータのコンソールに接続します。その際、WindowsのTelnetクライアントを利用します。

telnetコマンドの例

-----------------------------------------
=> telnet R1
-----------------------------------------

save

saveコマンドによって、指定したルータのstartup-configを.netファイルの該当ルータのパートに保存します。コンフィグはBASE64でエンコードされます。

saveコマンドの例

-----------------------------------------
=> save /all
saved configuration from: R4
saved configuration from: R5
saved configuration from: R6
saved configuration from: R1
saved configuration from: R2
saved configuration from: R3
saved configuration from: SW1
saved configuration from: BB2
saved configuration from: BB1
-----------------------------------------

.netファイル上では、次のようになります。

 
dynamips29.png
図 saveコマンドによる.netファイルへのコンフィグ保存

export

exportコマンドは指定したルータのstartup-configを指定したディレクトリにテキストファイルとしてエクスポートします。エクスポートするファイル名は、「<ルータ名>.cfg」となります。

exportコマンドの例

-----------------------------------------
=> export /all "."
The directory . already exists. Ok to overwrite (Y/N)? y
Exporting R4 to .\R4.cfg
Exporting R5 to .\R5.cfg
Exporting R6 to .\R6.cfg
Exporting R1 to .\R1.cfg
Exporting R2 to .\R2.cfg
Exporting R3 to .\R3.cfg
Exporting SW1 to .\SW1.cfg
Exporting BB2 to .\BB2.cfg
Exporting BB1 to .\BB1.cfg
-----------------------------------------

import

importコマンドは、指定したルータのstartup-configに指定したディレクトリに保持されているコンフィグをインポートします。コンフィグファイルは、「<ルータ名>.cfg」にしておきます。

importコマンドの例

-----------------------------------------
=> import R1 "."
Importing R1 from R1.cfg
-----------------------------------------

capture

captureコマンドは指定したルータの指定したインタフェースのパケットキャプチャを行います。キャプチャした内容は、.capファイルとして保存されます。Wiresharkで作成された.capファイルを開くことでキャプチャ内容を確認することができます。
パケットキャプチャを終了するときは、先頭に「no」をつけてコマンドを実行します。

captureコマンドの例

-----------------------------------------
=> capture R1 f0/0 R1.cap
=> no capture R1 f0/0
-----------------------------------------

  dynamips30.png
dynamips31.png 

Google
Web n-study.com

各コンテンツの最新記事

有料コンテンツライブラリ(ITエンジニア教育資料)

ネットワーク技術雑誌レビュー

ベンダ資格受験記

オススメ!ネットワーク技術雑誌・書籍

MindMapでおべんきょ

結果を出せるコーチング

Geneのつぶやき

The Power of Words

スポンサードリンク

スポンサードリンク