この部分の広告を募集しています。 詳しくはこちら

Dynamips/Dynagenの起動手順

(所属カテゴリー:Dynamips/Dynagen/GNS3 | シスコ---投稿日時:2010年6月30日)

Dynamips/DynagenによってCiscoルータのネットワーク構成をエミュレートする手順は次の通りです。

  1. IOSの準備
  2. Dynagen設定ファイル(.netファイル)の作成
  3. Dynampisの起動
  4. ルータへ接続

1. IOSの準備

エミュレートするIOSを指定のフォルダに保存します。IOSのパスは.netファイルで指定できますが、デフォルトは C:\Program Files\Dynamips\images です。

 
dynamips13.png

図 IOS格納フォルダ

IOSのbinファイルはZIPで圧縮されています。binファイルそのままでもよいのですが、あらかじめ解凍しておくことで、エミュレートするルータの起動を高速化することができます。

※ Cisco2600シリーズをエミュレートする場合、IOSの解凍は必須です。

2. Dynagen設定ファイル(.netファイル)の作成

エミュレートするネットワーク構成を.netファイルに記述します。Dynampis/DynagenをインストールするとC:\Program Files\Dynamips\sample_labs\simple1に最もシンプルなsimple1.netというDynagen設定ファイルが作成されます。simple1.netをテキストエディタで開くと、次のように記述されています。

dynamips14.png 
図 デフォルトのsimple1.netの内容

simple1.netはCisco7200ルータ2台をシリアルインタフェースで直結するネットワーク構成をエミュレートしているものです。例として、このsimple1.netを編集します。Cisco3640ルータ2台をシリアルインタフェースで直結するネットワーク構成に変更したものが、次の内容です。

 
dynamips15.png

図 simple1.netの修正(Cisco3640)

この図では、デフォルトのsimple1.netからの変更をハイライトしています。

このように、Dynagenの設定ファイル(.netファイル)はエミュレートするルータのモデルやIOS、RAM、搭載モジュールなどを決めて、各ルータがどのように接続されているかを定義しているものです。

※ .netファイルのパスには日本語(2バイト文字)が含まれないようにしてください。ファイルパスに日本語(2バイト文字)が含まれている.netファイルは正常に起動できません。

3. Dynamipsの起動

Dynagen設定ファイル(.netファイル)を作成したらデスクトップ上の「Dynamips Server」のアイコンをダブルクリックします。

 

dynamips16.png

すると、コマンドプロンプトのウィンドウが開いてDynamipsが起動します。

※ Dynamips Server起動時にパーソナルファイアウォールなどでブロックされることがあります。その場合は、一時的にパーソナルファイアウォールなどを無効化してください。

 

dynamips17.png

図 Dynamipsの起動

この状態で作成した.netファイルをダブルクリックします。すると、Dynagenのウィンドウが開き.netファイルの構成情報を読み込んで、定義されたネットワーク構成のエミュレートを開始します。

 
dynamips18.png

図 .netファイル読み込んだDynagenのウィンドウ

また、Dynamips側では次のようにエミュレートしているルータについての情報が表示されます。

dynamips19.png 
図 エミュレート時のDynamipsウィンドウ

4. ルータへの接続

Dynagenのウィンドウで「list」コマンドによってエミュレートしているルータの一覧を確認することができます。

dynamips20.png 
図 Dynagen 「list」コマンド

「list」コマンドで現在エミュレートしているルータとそのルータに接続するためのポート番号などを確認することができます。ルータへの接続は、Dynamips/Dynagenが稼働しているlocalhostへのTelnetで行います。その際、「list」コマンドで表示された各ルータに割り当てられているポート番号を指定します。Dynagenから「telnet」コマンドでWindowsのTelnetクライアント経由で接続することができます。ただし、WindowsのTelnetクライアントは操作性があまりよくありません。Tera Termなどの他のターミナルソフトウェアを利用する方がよいでしょう。

※ Dynamipsサーバが別ホストの場合は、DynamipsサーバのIPアドレスと接続したいルータのポート番号を指定してTelnetします。

上の例でR1に接続する場合は、Tera Termで次のように行います。

 
dynamips21.png

図 Tera Termでのルータへの接続

すると、次のようにTera Termの画面にルータの起動メッセージが表示されるようになります。

dynamips22.png 
図 Tera Termでの接続後の画面

あとは、本物のルータと同じようにIOSのさまざまな設定を行い、その動作を検証することができます。

 

Google
Web n-study.com

各コンテンツの最新記事

有料コンテンツライブラリ(ITエンジニア教育資料)

ネットワーク技術雑誌レビュー

ベンダ資格受験記

オススメ!ネットワーク技術雑誌・書籍

MindMapでおべんきょ

結果を出せるコーチング

Geneのつぶやき

The Power of Words

スポンサードリンク

スポンサードリンク