この部分の広告を募集しています。 詳しくはこちら

CCIE Routing & Switching Trouble Shooting 攻略 Part1 TT12 (v4向け)

(所属カテゴリー:IPルーティング | シスコ---投稿日時:2015年7月17日)

※ ネットワーク構成は↓よりご覧ください。
http://www.n-study.com/network/2015/05/ccie_routing_switching_trouble_1.html

問題

12.Host3とHost7の通信ができません。Host3とHost7の通信ができるようにしてください。

トラブルの解決

R16
----
policy-map POLICE
 class HOST3_TO_HOST7
    no police 1000000 conform-action drop
    police 1000000
----

トラブルの症状と原因、切り分け

表 トラブルの症状と原因、切り分け(No.12)
CCIE_TS_Part1_23.png

【R16でHost3からHost7あてのパケットがドロップされている】

トラブルの切り分けのためにトレースルートを行います。Host3からHost7までトレースルートを行うと特に問題ありません。一方、Host7からHost3までトレースルートを行うとトレースルートが完了しません。このように片方向の通信が正常にできない場合は、アクセスリストなどでフィルタリングされている典型的な例です。
Host7からHost3のトレースルートはR16で止まってしまうので、R16の設定を確認します。するとMQCのポリシングが設定されていて、それによってHost7からHost3あてのパケットがドロップされています。解決するためにR16のポリシングの設定でconform-actionをtransmitにします。

R16
----
policy-map POLICE
 class HOST3_TO_HOST7
    no police 1000000 conform-action drop
    police 1000000
----

CCIE_TS_Part1_24.png
図 トラブルの症状と原因、切り分け(No.12)

Google
Web n-study.com

各コンテンツの最新記事

有料コンテンツライブラリ(ITエンジニア教育資料)

ネットワーク技術雑誌レビュー

ベンダ資格受験記

オススメ!ネットワーク技術雑誌・書籍

MindMapでおべんきょ

結果を出せるコーチング

Geneのつぶやき

The Power of Words

スポンサードリンク

スポンサードリンク