OSI参照モデル復習問題

以下のOSI参照モデルについての説明の文章中の空欄を下のKey Wordsから選択して埋めてください。なお、<Key Words>は複数回使われるものもありますし、1度も使われないものもあります。

OSI参照モデルは(「ISO」)が定めています。これは通信の機能を階層構造にわけてモデル化したものです。OSI参照モデルでは(「7階層」)の階層構造になっています。各階層の名前は下から、(「物理層」)、(「データリンク層」)、(「ネットワーク層」)、(「トランスポート層」)、(「セッション層」)、(「プレゼンテーション層」)、(「アプリケーション層」)です。また一番下の層から数えて第何層という言い方もしています。たとえば、OSI参照モデル第3層といえば、(「ネットワーク層」)をさしています。

各階層の機能を考えていきます。まず物理層です。物理層ではネットワークの物理的な機能を提供するための取り決めを行っています。具体的には、(「ケーブルの長さ」)やコネクタの形、コンピュータが取り扱う「1」「0」のビット列を(「電気信号」)に変換する方法などが決められています。

その上の第2層(「データリンク層」)では、隣接ノード間の通信を行うために決まりが考えられています。この隣接ノードとは、同じケーブルにつながっているコンピュータ同士です。(「隣接ノード間」)の通信を行うために、データの形(フレームフォーマット)やどのコンピュータがいつどのようにデータを送信するか、エラーチェックの方法などを決めています。

第3層のネットワーク層では、エンドツーエンドの通信を行います。(「エンドツーエンド」)の通信とは、あるコンピュータとあるコンピュータの間の通信です。2つのコンピュータが存在するネットワークが異なっていてもかまいません。エンドツーエンドの通信を行うために、論理的な(「アドレス」)を決めています。TCP/IPでは(「IPアドレス」)です。

第4層の(「トランスポート層」)は、エンドツーエンドの通信の信頼性の確保を行っています。(「ネットワーク層」)でエンドツーエンドの通信を行うための経路がわかったのですが、その経路上で信頼性の高い通信を行うために(「トランスポート層」)があります。そのために、(「順序制御」)、(「フロー制御」)、(「エラー制御」)などを行います。

(「セッション層」)では、プログラム間通信を規定しています。またはプロセス間通信とも言っています。1台のコンピュータは1つのプログラムだけを実行しているわけではありません。いくつかのプログラムを実行しています。ブラウザが受け取らなければいけないデータをメールソフトが受け取ってしまうと都合が悪いです。通信相手の同じ(「プログラム」)同士が通信できるようにするためにセッション層があります。

(「プレゼンテーション層」)は、データの表現形式の統一を行います。(「表現形式」)にはたとえば(「文字コード」)、(「暗号化方式」)、(「圧縮方式」)などがあります。プレゼンテーション層の機能がおかしいといったときには、文字化けなどが起こってしまってただしくデータを判別できないということになってしまいます。

第7層(「アプリケーション層」)は、アプリケーション固有の機能を実現しています。その機能はアプリケーションによってさまざまです。たとえば、ブラウザは、リンクをクリックしたらそのページを開きます。メールソフトでは、送受信ボタンを押すと実際にメールの送受信を行っています。このようなアプリケーション固有の機能を実現しているのが、アプリケーション層です。

OSI参照モデルの各階層の機能を簡単にまとめると次のようになります。

物理層:ネットワークの(「物理的」)なきまり
データリンク層:(「隣接ノード間」)の通信
ネットワーク層:(「エンドツーエンド」)の通信
トランスポート層:エンドツーエンドの通信の(「信頼性」)を確保
セッション層:(「プログラム間通信」)
プレゼンテーション層:データの(「表現形式」)の統一
アプリケーション層:アプリケーション(「固有」)の機能

Key Words

「物理的」「データリンク層」「エラー制御」「ISO」「論理的」「ネットワーク層」「IEEE」「ANSI」「FIFA」「信頼性」「隣接ノード間」「プレゼンテーション層」「エンドツーエンド」「固有」「共通」「プログラム間通信」「セッション層」「暗号化方式」「表現形式」「物理層」「トランスポート層」「アプリケーション層」「文字コード」「圧縮方式」「順序制御」「フロー制御」「IPアドレス」「IPXアドレス」「MACアドレス」「ケーブルの長さ」「アドレス」「7階層」「4階層」「階層構造」「電気信号」「プログラム」