【『ブログ』、一言で言うと】
WeblogとはWebとlogからなる造語で、直訳するとウェブ日記のことである。

詳細な解説は、リクルートキーマンズネットの「ブログ」へどうぞ。

キーマンズネットより引用

まず、ブログという言葉が誕生した経緯から説明しよう。ブログの語源はウェブログ(Weblog)にある。WeblogとはWebとlogからなる造語で、直訳するとウェブ日記のこと。インターネットが個人にも普及し始めた90年代後半あたりから、ウェブ上で自分の日記を公開するウェブログが増え始め、ウェブログ作成のための専用ツールも登場したことから、さらにそのユーザーは増えていった。
 そして2000年に入ると、「Weblog」を「We blog」のように区切って「blog」という動詞が使われるようになり、現在では名詞としても動詞としても使われる言葉「ブログ」が定着するようになった。
 つまり、原点に立ち戻って名詞として捉えれば、ブログはウェブ日記のことだが、動詞としても使われるようになった今、「ブログする」という意味の解釈は広がりを持ち始めていて、現時点では、ブログを一意的に定義することが難しくなってきている。それでもあえて定義すると、「誰でも手軽に更新できる/または頻繁に更新されているウェブサイトのこと」と言えよう。

この続きは、リクルートキーマンズネット「ブログ」で。