ネットワーク構成

multilinkppp01.png
図 マルチリンクPPP ネットワーク構成

設定条件

  • R1、R2 Se0/0、Se0/1でマルチリンクPPPの設定を行ってください。
  • IPアドレスは、192.168.12.X/30(X:ルータ番号)とします。
  • 対向のインタフェースのホストルートがルーティングテーブルに載らないようにしてください。

初期設定

  • R1、R2
    ホスト名

GNS3プロジェクトダウンロード(MultilinkPPP_init.zip)

設定

【Step1:マルチリンクPPPインタフェースの設定】

マルチリンクPPPによって、複数のPPPのリンクを1つにまとめることができます。マルチリンクPPPのインタフェースはinterface multilink コマンドによって作成します。Multilinkインタフェースと物理的なPPPインタフェースは、ppp multilink group コマンドで関連づけます。
また、認証の設定は、パスワードを直接送信しない方式なのでCHAPの認証です。MultilinkインタフェースでPPP CHAP認証を有効化して、ローカルユーザデータベースに対向のホスト名とパスワードを設定します。

multilinkppp02.png
図 MultilinkインタフェースとPPPインタフェースの関連付け

R1

--------------------------------------------------
username R2 password 0 CISCO
!
interface Multilink1
ppp authentication chap
ppp multilink
ppp multilink group 1
!
interface Serial0/0
encapsulation ppp
ppp multilink
ppp multilink group 1
!
interface Serial0/1
encapsulation ppp
ppp multilink
ppp multilink group 1
--------------------------------------------------

R2

--------------------------------------------------
username R1 password 0 CISCO
!
interface Multilink1
ppp authentication chap
ppp multilink
ppp multilink group 1
!
interface Serial0/0
encapsulation ppp
ppp multilink
ppp multilink group 1
!
interface Serial0/1
encapsulation ppp
ppp multilink
ppp multilink group 1
--------------------------------------------------

【Step2:IPアドレスの設定】

IPアドレスは個々の物理的なPPPインタフェースではなく、Multilinkインタフェースに設定します。IPアドレスを設定するのは、MultilinkインタフェースなのでIPに関する設定はすべてMultilinkインタフェースが対象です。たとえば、アクセスリストの適用やルーティングプロトコルのパッシブインタフェースなどは、Multilinkインタフェースを対象としてください。

R1

--------------------------------------------------
interface Multilink1
ip address 192.168.12.1 255.255.255.252
--------------------------------------------------

R2

--------------------------------------------------
interface Multilink1
ip address 192.168.12.2 255.255.255.252
--------------------------------------------------

【Step3:peer neighbor-routeの無効化】

PPPのインタフェースでは、IPCPによって対向のIPアドレスを検出できます。そして、対向のIPアドレスに対する/32のホストルートをルーティングテーブルに登録します。対向のIPアドレスのホストルートを削除するには、no peer neighbor-routeコマンドを入力します。

R1/R2

--------------------------------------------------
interface Multilink1
no peer neighbor-route
--------------------------------------------------

※no peer neighbor-routeコマンドを入力しても、/32のホストルートが残っている場合は、clear ip route * コマンドでルーティングテーブルをリフレッシュしてください。

【Step4:マルチリンクPPPの確認】

show ppp multilink activeコマンドでマルチリンクPPPのバンドルが正しく確立されていることを確認します。show ip routeコマンドでルーティングテーブルにマルチリンクPPPのルートがDirectly Connectedとして載せられていることを確認します。また、/32のホストルートがルーティングテーブル上にないことを確認します。

R1

--------------------------------------------------
R1#show ppp multilink active
Multilink1, bundle name is R2
Username is R2
Endpoint discriminator is R2
Bundle up for 00:01:24, total bandwidth 3088, load 1/255
Receive buffer limit 24000 bytes, frag timeout 1000 ms
0/0 fragments/bytes in reassembly list
0 lost fragments, 3 reordered
0/0 discarded fragments/bytes, 0 lost received
0x9 received sequence, 0xA sent sequence
Member links: 2 active, 0 inactive (max not set, min not set)
Se0/1, since 00:01:24
Se0/0, since 00:01:23
R1#show ip route
Codes: C - connected, S - static, R - RIP, M - mobile, B - BGP
D - EIGRP, EX - EIGRP external, O - OSPF, IA - OSPF inter area
N1 - OSPF NSSA external type 1, N2 - OSPF NSSA external type 2
E1 - OSPF external type 1, E2 - OSPF external type 2
i - IS-IS, su - IS-IS summary, L1 - IS-IS level-1, L2 - IS-IS level-2
ia - IS-IS inter area, * - candidate default, U - per-user static route
o - ODR, P - periodic downloaded static route
Gateway of last resort is not set
C    192.168.14.0/24 is directly connected, Multilink1
--------------------------------------------------