平成18年 テクニカルエンジニア(ネットワーク) 午後Ⅱ 問1 営業店支援システム 設問4


平成18年 テクニカルエンジニア(ネットワーク) 午後Ⅱ問題


Table of Contents

解答

h:130  i:149  j:101  k:144

解説

呼量およびRTPに必要な帯域幅の計算です。

[h]

アーランは電話の通信量の単位で、3600秒の通話が1アーランです。たとえば、1人が1時間電話で通話すると1アーランです。あるいは、10人がそれぞれ6分間通話しても1アーランとなります。

ピーク時には1000呼/時の電話がかかってきます。このうち8割はIVRのみの対応で完結します。残りの2割が営業員対応です。

IVR:800呼
営業員:200呼

IVR対応では1呼あたり、1.5分+4.5分=6分の通話を行います。営業員対応では1個あたり15分の通話を行います。
以上より、ピーク時における全体の電話の通信量は、

(800*6+200*15)*60/3600=130アーラン

です。

[i]

呼損率1%以下で130アーランの呼量をまかなうためには、表4より149回線必要です。

[j]

営業員対応でも最初の1.5分間はIVRが処理を行います。そのため、ピーク時においてIVRが処理する呼量は、

(800*6+200*1.5)*60/3600=85アーラン

です。

呼損率1%以下で85アーランの呼量をまかなうためには、表4より101回線必要です。1回線ごとに1呼発生するので、IVRの同時処理能力として101呼処理できる能力があればよいことがわかります。

[k]

1時間あたり平均125アーランで8時間の業務時間なので、1日の呼量は1000アーランです。1ヶ月分では、1000*20=20000アーランになります。
通話時間に換算すると、

20000*3600=72*106秒

です。
RTPパケットのサンプリング時間(送出周期)について、問題文に「RTPパケットの送出周期は20ミリ秒であった」とあります。したがって、1つのRTPパケットあたり20m秒の音声データを運びます。また、8kbpsで圧縮している場合は、音声データのデータサイズは20バイトです。20m秒のサンプリング時間より1秒あたり50個のRTPパケットが送信されるので、1秒あたりの音声データサイズは、

20*50=1000バイト/秒

です。

H18TENW_29.png
図 29 1秒あたりの音声データサイズ

また、ここで注意しなければいけないのは、VoIP(RTP)の通信は片方向であることです。電話は双方向で会話するので、実際には顧客(VoIP-GW)→営業員(IP電話機)と営業員(IP電話機)→顧客(VoIP-GW)のRTPパケットが発生します。

 

H18TENW_30.png
図 30 RTPパケットは双方向で発生

ここまでをまとめると、A社では1ヶ月あたり次のような音声パケットの発生となります。

  • 72*106秒の通話が発生
  • 1秒あたりのRTPパケット内の音声データサイズ1000バイト
  • 顧客(VoIP-GW)→営業員、営業員→顧客(VoIP-GW)の双方向のRTP通信が発生

以上より、録音すべき音声データサイズは、

72*106 * 1000 * 2 = 144*109 バイト

です。

※ この問題の計算はRTPが片方向通信であることを知らないと難しいです。でも、問題文にヒントがあります。

「RECには、顧客側とA社側の音声をそれぞれ分けて録音し、別々の通話音声ファイルとして保存する。」 

分けて録音するなんていう芸当ができるのは、RTPが片方向通信で顧客→営業員、営業員→顧客の2つのRTP通信が発生するからです。
もし、RTPが片方向通信であることを知らなくても、この部分から推測はできます。難しいけど。

参考URL

 

Follow me!