CCIE R&S Configuration Part1 Advanced Service問題 (v4向け)

※ ネットワーク構成
http://www.n-study.com/ccie-rs-configuration-part1-diagram/

4.    Advanced Service

4.1.Auto QoS

  • R3-R5間でVoIPパケットを絶対優先で転送してください。
  • これを1つのインタフェースコンフィグレーションモードのコマンドで実現してください。

4.2.GLBP

  • SW3、SW4でVL34に対してGLBPによるゲートウェイの負荷分散を行います。SW3をAVGとしてください。また、仮想ルータのIPアドレスは168.128.196とします。
  • 負荷分散アルゴリズムは、Weightedを利用します。SW3はSW4の2倍のトラフィックをルーティングします。
  • SW3、SW4でGLBPのMD5認証を行ってください。
  • SW2の168.128.161への接続性がなくなれば、AVFとしての動作を停止してください。

 4.3.NTP

  • R4は外部のNTPサーバ1.1.1と時刻同期をとります。外部サーバと時刻同期をとれない場合、自身をStratum 5のNTPサーバとして動作します。
  • SW2はR4と時刻同期をとってください。ただし、SW2でntp peerコマンド、ntp serverコマンドを使ってはいけません。
  • SW3はR4と時刻同期をとってください。SW4はSW3と時刻同期をとってください。

4.4.AAA認証

  • SW1F0/8で1X認証を有効化してください。
  • SW1へのVTYアクセスの認証をRADIUSサーバで行います。RADIUSサーバが利用できない場合は、SW1のローカルユーザデータベースを利用します。
  • SW1に登録するユーザ名は次の通りです。
ユーザ名 パスワード 特権レベル
Admin cisco 15
User User 1
  • RADIUSサーバのIPアドレスは1.1.1とします。また、キーは「cisco」です。

4.5.RSVP

  • R2-R3間でRSVPによるシグナリングを行います。
  • 全体で64kbps、1つのフローで最大16kbpsの帯域幅を予約できるようにしてください。
  • R2でPATHメッセージを生成し、R3でRESVメッセージの生成をシミュレートしてください。
  • それぞれのLoopback0のIPアドレスを利用し、プロトコルはTCP送信元ポート10000、送信先ポート23とします。
  • RESVメッセージはSingle Reservationで10kbps保証し、最大1Kバイトのバーストを許可します。

 

Follow me!