CCIE Routing & Switching ラボ模擬試験Vol.1 サンプル 2.8 SW2のルーティング制御 解説

2.8. SW2のルーティング制御(2点)

【設定】

SW2

--------------------------------------------------
interface Vlan789
 bandwidth 10000
--------------------------------------------------

【確認のポイント】

・ show ip route
SW2でデフォルトルートおよび172.31.7.0/24のルートの出力インタフェースがVLAN78であることを確認します。

【採点基準】

SW2

--------------------------------------------------
SW2#show ip route ospf
     172.31.0.0/24 is subnetted, 3 subnets
O       172.31.7.0 [110/2] via 172.16.78.7, 01:40:25, Vlan78
O       172.31.9.0 [110/3] via 172.16.78.7, 01:40:25, Vlan78
O*IA 0.0.0.0/0 [110/2] via 172.16.78.7, 01:40:25, Vlan78
--------------------------------------------------

【解説】

SW2はVLAN78とVLAN789の2つのインタフェースで等コストロードバランスを行っています。等コストロードバランスを行わずSW2でVLAN78を優先するには、VLAN78のOSPFコストがVLAN789のものよりも小さくなるようにします。OSPFコストの手動設定が禁止されているので、BWを変更します。OSPFコストは、デフォルトで次の計算式で求まります。

OSPFコスト=100Mbps/BW

SVIインタフェースのBWはデフォルトで100Mbpsです。VLAN78のBWを100Mbpsよりも大きな値にしても、OSPFコストの計算式からコストの値自体は変わりません。そのため、VLAN789のBWを小さく設定します。

 

Follow me!