Cisco DTPの注意点

Cisco Catalystスイッチでは、DTPによって対向のポートとの間でネゴシエー
ションして、トランクポートとして動作させることができます。ただし、DTP
によるトランクポートのネゴシエーションは同一のVTPドメイン内のスイッチ
との間のみです。異なるVTPドメインのスイッチとの間では、DTPによるネゴシ
エーションができません。
たとえば、以下のネットワーク構成を考えます。

dtp01.jpg
図 DTPの注意点 ネットワーク構成

SW1とSW2には、次のような設定が行われているとします。

SW1

-------------------------------------------
vtp domain SWITCH
!
vlan 10,20
!
interface GigabitEthernet0/1
switchport mode dynamic desirable
-------------------------------------------

SW2

-------------------------------------------
vtp domain switch
vtp mode transparent
!
vlan 10,20
!
interface GigabitEthernet0/1
switchport mode dynamic auto
-------------------------------------------

SW1とSW2のVTPドメイン名は、

  • SW1:SWITCH
  • SW2:switch

となっています。
VTPドメイン名は大文字と小文字を区別するので、SW1、SW2は異なるVTPドメイ
ンのスイッチです。そのため、DTPによってトランクポートのネゴシエーショ
ンはできません。SW1、SW2のGi0/1はアクセスポートになります。
このように、VTPドメインが異なるため、DTPのネゴシエーションができない場
合は、コンソールに以下のようなメッセージが表示されます。

-------------------------------------------
00:18:52: %DTP-5-DOMAINMISMATCH: Unable to perform trunk negotiation
on port Gi0/1 because of VTP domain mismatch.
-------------------------------------------

dtp02.jpg
図 VTPドメインが異なるとDTPのネゴシエーションはできない

Follow me!