EAI(Enterprise Application Integration:企業内アプリケーション統合)

【『EAI(Enterprise Application Integration:企業内アプリケーション統合)』、一言で言うと】
企業内にばらばらに存在しているシステム同士を相互に連携させて、全体としてビジネスの効率を上げるためのツール

詳細な解説は、リクルートキーマンズネットの「EAI」へどうぞ。

キーマンズネットより引用

EAI(Enterprise Application Integration:企業内アプリケーション統合)は、企業内にばらばらに存在しているシステム同士を相互に連携させて、全体としてビジネスの効率を上げるための、高額だが一定以上の規模のシステム連携を果たすためには投資効率のよいツールとして認められてきた。しかしWebサービスをはじめとする新しいシステム連携の手法が登場し、SOA(Service Oriented Architecture:サービス指向アーキテクチャ)あるいはEA(Enterprise Architecture)などのより視野の広いコンセプトが語られるようになった今、EAIはこれらの新技術やコンセプトとともにIT戦略のなかに正しく位置づけることが必要になってきた。今回は、現在のEAIに期待されている役割と、EAおよびSOAとの関連と位置づけ、および新しく台頭してきたESBとの相違や類似について整理していく。

この続きは、リクルートキーマンズネット「EAI」で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA