IT投資マネジメント

【『IT投資マネジメント』、一言で言うと】
コスト抑制一辺倒の時代から次の時代へと変わろうとするときの必要な管理手法

詳細な解説は、リクルートキーマンズネットの「IT投資マネジメント」へどうぞ。

キーマンズネットより引用

現状のビジネスを維持するための運用・保守などのための予算が「コスト」なら、未来のビジネスのためのITづくりはまさに競争力を生むための「投資」である。投資にはリターンが期待できなければならない。IT企画の段階でその期待値を説得力ある形で算出できるだろうか。また現状のITがもたらす利益を正確に把握するにはどうすればよいだろうか。今回は、まずIT投資効果を定量的に予測・測定する手法について紹介し、応用編では新需要予測システムの導入に際して増収効果を測定した全日本空輸(ANA)の事例を紹介していく。

この続きは、リクルートキーマンズネット「IT投資マネジメント」で。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA