無線LANの基礎と100M超の「MIMO」

【『無線LANの基礎と100M超の「MIMO」』、一言で言うと】
IEEE802.11nは、MIMOと呼ばれる無線アンテナ技術を用いて、高度な周波数効率を実現し、100Mbps以上の通信速度を実現する次世代無線LAN

詳細な解説は、リクルートキーマンズネットの「無線LANの基礎と100M超の「MIMO」」へどうぞ。

キーマンズネットより引用

今回は、現在広く普及している無線LANについて学んでいこう。まずは、無線通信に不可欠な電波の種類を知っておきたい。そのうえで、無線通信の用途や、情報をやり取りする際必要なデジタル変調・復調について解説する。またIEEEによる無線LAN規格や、セキュリティ向上を図るデータ暗号化規格WEP、WPAを説明するとともに、OFDM方式やMIMOなどの伝送方式についても理解していこう。

この続きは、リクルートキーマンズネット「無線LANの基礎と100M超の「MIMO」」で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA