LANアナライザ

【『LANアナライザ』、一言で言うと】
ネットワークを流れるデータを捕捉して、その内容を記録し解析するための道具

詳細な解説は、リクルートキーマンズネットの「LANアナライザ」へどうぞ。

キーマンズネットより引用

ネットワークを流れるデータを捕捉して、その内容を記録し解析するための道具が「LANアナライザ」。ネットワークのノードやケーブルそのもののトラブルシューティングのために障害発生後の問題切り分けに利用されてきたLANアナライザだが、現在ではネットワークセグメントをまたいだエンド・トゥ・エンドの通信上の問題の切り分けやスループットの測定、特定セグメントでの通信の常時監視による障害予兆の発見、VoIPなどの品質管理などの領域にも対応し、今後ますます大容量化し、ミッションクリティカル性も求められるようになる社内ネットワークにとって、従来とは別の意味での必需品になろうとしている。

この続きは、リクルートキーマンズネット「LANアナライザ」で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA