Ciscoダイアルバックアップ バックアップインタフェース



バックアップインタフェースとは


バックアップインタフェースは特定のインタフェースを監視して、そのインタフェースが物理的にダウンしたことをトリガーとしてバックアップ回線(ISDN)を有効にするバックアップ手法です。

また、監視しているインタフェースがダウンしたときだけでなく、一定の負荷を超えた場合にもバックアップ回線を有効にして負荷分散することも可能です。



正常時のルーティング

バックアップインタフェースを設定すると、プライマリ回線がアップのとき、バックアップ回線はStandby状態となり利用することができません。



(図 バックアップインタフェース1)


プライマリ回線を通じて、パケットをルーティングします。



障害発生時のルーティング

プライマリ回線がダウンしてはじめてバックアップ回線がアップになります。パケットをルーティングするには、ルーティングテーブルを構成しなければいけません。そのためには、フローティングスタティックと組み合わせるか、ルーティングプロトコルを利用します。フローティングスタティックを利用するよりも、ルーティングプロトコルを利用してルーティングテーブルを再構成することの方が多いです。

ルーティングプロトコルを利用する場合には、ISDN回線上でルーティングプロトコルを動作させ、なおかつルーティングプロトコルをインタレスティングパケットとして設定しておく必要があります。

バックアップ回線がアップになり、ルーティングプロトコルのパケットによってダイアルし、ISDN回線経由でルーティングテーブルを再構成することによって、通常のデータパケットをルーティングできるようになります。



(図 バックアップインタフェース2)


注意すべき点は、プライマリ回線をshutdownしてもバックアップインタフェースは動作しません。



バックアップインタフェースの設定

バックアップインタフェースの設定は、バックアップの対象となるプライマリ回線のインタフェースで次のコマンドを入力します。

(config-if)#backup interface [interface]


以下、設定のサンプルです。

Router#show run interface serial 1/0
Building configuration...

Current configuration : 282 bytes
!
interface Serial1/0
backup interface BRI0/0
ip address 161.7.55.6 255.255.255.240
encapsulation frame-relay
ip ospf hello-interval 3
ip ospf priority 0
frame-relay map ip 161.7.55.2 165 broadcast
frame-relay map ip 161.7.55.5 165 broadcast
no frame-relay inverse-arp
end

Router#show interface serial 1/0
Serial1/0 is up, line protocol is up
Hardware is CD2430 in sync mode
Internet address is 161.7.55.6/28
Backup interface BRI0/0, failure delay 0 sec, secondary disable delay 0 sec,
kickin load not set, kickout load not set

MTU 1500 bytes, BW 128 Kbit, DLY 20000 usec,
reliability 255/255, txload 1/255, rxload 1/255
Encapsulation FRAME-RELAY, loopback not set
Keepalive set (10 sec)
LMI enq sent 1929, LMI stat recvd 1931, LMI upd recvd 0, DTE LMI up
LMI enq recvd 0, LMI stat sent 0, LMI upd sent 0
LMI DLCI 1023 LMI type is CISCO frame relay DTE
FR SVC disabled, LAPF state down
Broadcast queue 0/64, broadcasts sent/dropped 0/0, interface broadcasts 0
Last input 00:00:00, output 00:00:00, output hang never
Last clearing of "show interface" counters 05:30:04
Input queue: 0/75/0/0 (size/max/drops/flushes); Total output drops: 0
Queueing strategy: weighted fair
Output queue: 0/1000/64/0 (size/max total/threshold/drops)
Conversations 0/1/32 (active/max active/max total)
Reserved Conversations 0/0 (allocated/max allocated)
Available Bandwidth 96 kilobits/sec
5 minute input rate 0 bits/sec, 0 packets/sec
5 minute output rate 0 bits/sec, 0 packets/sec
3362 packets input, 132602 bytes, 0 no buffer
Received 0 broadcasts, 0 runts, 0 giants, 0 throttles
0 input errors, 0 CRC, 0 frame, 0 overrun, 0 ignored, 0 abort
3132 packets output, 114041 bytes, 0 underruns
0 output errors, 0 collisions, 9 interface resets
0 output buffer failures, 0 output buffers swapped out
5 carrier transitions
DCD=up DSR=up DTR=up RTS=up CTS=up







『ネットワークのおべんきょしませんか?』 を購読しませんか?
めろんぱん E-mail
メールマガジンも購読してくださいね!!購読者限定のプレゼントあり!!


(C) Copyright 2000-2004 Gene All Rights Reserved