ルータを介したマルチキャストの場合

ルータを介した場合

これまで、マルチキャストについて、


ユニキャスト、ブロードキャストとの比較
複数のあて先に対して同じデータを送りたいときには、マルチキャストが効果的であること
マルチキャストアドレッシング(マルチキャストなアドレス)
クラスDのIPマルチキャストアドレスに対応するマルチキャストMACアドレスがあること


について解説してきました。
このときに例をあげたのは、ビデオサーバ(Sender)と受信者(Receiver)が同じネットワークにいるという状況でした。でも、現実はあんまりそんなことありませんよね?
SenderとReceiverがルータを介して離れたネットワーク上にいるという状況の方が多いでしょう。

今回からは、ルータを介したマルチキャスト通信について解説します。



ルータはマルチキャストを通さない

まずは、ごく簡単にSenderとReceiverの間にルータが1台だけあるというネットワークを例にとります。わかりやすくバス型トポロジのネットワークとしています。





ビデオサーバ(Sender)から送信されたマルチキャストをルータが受け取ります。でも、ルータはLANインタフェースでブロードキャストドメインを分けます。
つまり、デフォルトではブロードキャスト、
マルチキャストはルータを超えることができません。





マルチキャストルーティングを有効にしたら

マルチキャストがルータを超えるようにするためには、マルチキャストルーティングを有効にする必要があります。

じゃ、


「マルチキャストルーティングを有効にしました!」


それだけでいいのか?というと、
そんなに簡単ではありません。

ルータは、いくつもインタフェースを持っているものです。そのインタフェースのうち、どのインタフェースにマルチキャストパケットをルーティングすればいいのかということがわからないとダメです。
言い換えると、


「どのインタフェースの先にルーティングしようとするマルチキャストパケットを受け取るReceiverがいるの?」


ということがわかっていないといけません。

ルータがどのインタフェースの先にマルチキャストグループ(Receiver)がいるのかを知るためのプロトコルが
IGMP(Internet Group Management Protocol)です。IGMPによってルータはインタフェースごとのマルチキャストグループを管理し、どのインタフェースの先にReceiverがいるのかを判断することができるようになります。







(C) Copyright 2000-2003 Gene All Right Reserved