マルチキャストルーティングその1

マルチキャストのルーティング

さて、これまで何回かにわたってとIGMP(Internet Group Management)について解説してきました。
もう一度、簡単に振り返ると、
IGMPとはルータが「自分のインタフェースの先に、どのマルチキャストグループのメンバーがいるんだろう?」ということを知るためのプロトコルです。言い換えると、ルータが受け取ったマルチキャストパケットを、そのパケットを受信したいメンバーがいるインタフェースへと転送するためにIGMPを使っているのです。

では、こんなネットワークを考えてみます。





マルチキャストを送信するサーバ(Sender)とそのマルチキャストを受信する受信者(Receiver)との間にたくさんのルータが存在しているというネットワークです。

IGMPは、この図のルータBがどのインタフェースの先にReceiverがいるかということを管理しています。そして、Senderは単純にマルチキャストのパケットを流しているだけです。Senderが流しているマルチキャストパケットを受け取ったルータAは、なんとかしてReceiverを管理しているルータBにパケットを転送してあげなくてはいけないです。

ルータ間でマルチキャストパケットを中継することが、「マルチキャストルーティング」です。マルチキャストルーティングによって、SenderとReceiverが離れていても、マルチキャスト通信ができるようになります。



マルチキャストルーティングでよく使う言葉

まず、マルチキャストルーティングでよく使う言葉について紹介しましょう。マルチキャストの本とかを読むとき、いろんな言葉が出てくるので混乱してしまいがちなので、最初に言葉に慣れ親しんでおきましょう。
(このことは、どんな技術を勉強するときでも同じですね。最初に、その技術に関連する言葉に慣れ親しめば、理解しやすくなります)

マルチキャストルーティングでは、次のような言葉がよく使われます。


・Sender(Source)
マルチキャストパケットを送信するホスト

・Receiver
マルチキャストパケットを受信するホスト

・ファーストホップルータ
Senderに直接接続されているルータ

・ラストホップルータ
Receiverに直接接続されているルータ

・上流
マルチキャストパケットの送信元に向かう方向

・下流
マルチキャストパケットの送信先に向かう方向

・マルチキャストルーティングプロトコル
マルチキャストルーティングで利用するプロトコル。
PIM(Protocol Independent Multicast)が一般的

・ディストリビューションツリー(配布ツリー)
マルチキャストルーティングプロトコルによって構成される、マルチキャストパケットの経路

・Sparse(スパース)モード
マルチキャストルーティングプロトコルの動作のモードのひとつ

・Dense(デンス)モード
マルチキャストルーティングプロトコルの動作のモードのひとつ


図で説明すると、次のようになります。





下の4つはまだわかりにくいかもしれませんが、次回以降、概要をつかめるように解説していきます!







(C) Copyright 2000-2003 Gene All Right Reserved