マルチキャストルーティングその3

ディストリビューションツリーの種類

マルチキャストパケットの経路となるディストリビューションツリーは、次の2つの種類があります。マルチキャストルーティングプロトコルによって、どちらのツリーを使うか、あるいはどのように2つのツリーを組み合わせるかが違ってきます。


・発信元ディストリビューションツリー
・共有型ディストリビューションツリー


今回はこの2種類のディストリビューションツリーについて解説しましょう!



発信元ディストリビューションツリー

発信元ディストリビューションツリーは、名前の通りマルチキャストの
発信元つまりSenderを中心としてディストリビューションツリーを作成します。





発信元ディストリビューションツリーは、SenderとReceiverの最短経路になっています。
もし、他のマルチキャストグループのSenderがあれば、そのSenderを中心として別のディストリビューションツリーが作成されます。Senderが中心なんだというところが発信元ディストリビューションツリーの特徴です。





マルチキャストグループのSenderごとにディストリビューションツリーが作られることになるので、
Senderがたくさんいればいるほどたくさんのディストリビューションツリーによるマルチキャストパケットのトラフィックがネットワークを圧迫してしまうことになります。



共有型ディストリビューションツリー


共有型ディストリビューションツリーは、複数のマルチキャストグループがあっても
ひとつのディストリビューションツリーを共有して、マルチキャストパケットのルーティングを行います。
ツリーを共有するために中心となるルータをひとつ決めて、そのルータを基準にして、Receiverまでのディストリビューションツリーを作成していきます。

この中心となるルータは、マルチキャストルーティングプロトコルによって呼び方が違いますが、
「ランデブーポイント」とか「コアルータ」と呼ばれます。最もよく利用されているマルチキャストルーティングプロトコルのPIMでは「ランデブーポイント」と呼んでいます。

共有型ディストリビューションツリーでは、次の図のように赤と青という複数のマルチキャストグループがあってもランデブーポイントを中心として、共通のディストリビューションツリーを経由してマルチキャストパケットがルーティングされていきます。





共有型ディストリビューションツリーでは、マルチキャストのグループが多くなってもツリーはひとつです。ですから、
マルチキャストパケットがネットワークに与える影響が少なくなります。その反面、必ずしも最適な経路を通ることができないという欠点があります。




発信元と共有型の選択

発信元ディストリビューションツリーか共有型ディストリビューションツリーかの選択は、
マルチキャストルーティングプロトコルによって変わってきます。
マルチキャストルーティングプロトコルには、
Dense(デンス)モードとSparse(スパース)モードと言う種類があり、一般的にDenseモードのマルチキャストルーティングプロトコルは発信元ディストリビューションとをつくり、Sparseモードのプロトコルは共有型ディストリビューションツリーをつくります。

次回は、マルチキャストルーティングプロトコルのDenseモードとSparseモードの違いについて見ていきたいと思います。お楽しみに!







(C) Copyright 2000-2003 Gene All Right Reserved