WANプロトコルとOSI階層


WANプロトコルをOSI階層でいうと・・・

ネットワークについて話をするときには、よくOSI参照モデルに基づいて行われるということは、すでにご存知だと思います。
さまざまなWANの規格(プロトコル)とOSI参照モデルの対応を考えると、
WANプロトコルは、OSI参照モデルの「物理層」と「データリンク層」に対応付けられます。




物理層

物理層では、主にDCEとDTEの間を接続するインタフェース(とそれに付随するケーブルなど)が決められています。インタフェースの種類としては、次のようなものがあります。

・EIA/TIA-232
・EIA/TIA449
・V.35
・X.21
・EIA-530

いろんな種類があるのですが、EIA/TIA-232は「RS-232C」としてよく知られているものです。
接続するDCEのインタフェースの種類によって適切なケーブルを選んで接続します。



データリンク層

データリンク層では、主に通信をする場合のデータの形(フレームフォーマット)が決まります。以下のような
さまざまなプロトコルごとにフレームフォーマットが異なっています

・HDLC(High level DataLink Contorol)
・PPP(Point-to-Point Protocol)
・X.25
・フレームリレー
・ATM

いろいろと種類があるのですが、
フレームフォーマットはほとんどがHDLCから派生しています。HDLCにいろんなフィールドを追加していって、PPPやフレームリレー、X.25のフォーマットが出来ています。ただ、ATMだけはまったく異なるフレームフォーマットとなっています。

これらデータリンクのプロトコルは、WAN接続の種類によって何を利用するかということが決まります。
たとえば、専用線や回線交換型であれば、HDLCやPPPが利用されています。パケット交換型では、フレームリレーやATM、X.25などといった感じです。

いろいろと種類はあるのですが、これらの
データリンクレベルのフレームにIPパケットなどのネットワーク層以上のデータを包み込んでWANのネットワークに流し込んでいくことは変わりません。

今後、メルマガでPPPとフレームリレーについて取り上げていきたいと思います。この2つのプロトコルは、テクニカルエンジニア(ネットワーク)でもよく出てくるので、秋の試験に向けて勉強してくださいね。





メールマガジンの購読はこちら↓

『ネットワークのおべんきょしませんか?』 を購読しませんか?
めろんぱん E-mail



(C) Copyright 2000-2002 Gene All Right Reserved