マルチエリアOSPF エリアとは

エリアとは

OSPFネットワークをエリアに分割すると、エリア内のルータ同士だけがLSAを交換して同一のリンクステートデータベースを保持し、エリア内のネットワークについては詳細な情報を持ちます。つまり、エリアとは

「同一のリンクステートデータベースを持つルータの集合」

と捉えることができます。
他のエリア内のネットワークに到達するためには、エリアとエリアを接続する「エリア境界ルータ(Area Border Router : ABR)」と呼ばれるルータを経由します。

ABRは複数のエリアに所属するルータであり、所属しているエリアごとのリンクステートデータベースを持っています。他のエリアにあるネットワークの情報については、詳細な情報をエリア内に通知するのではなく、集約ルートもしくはデフォルトルートを通知します。そのため、エリア内のルータのリンクステートデータベースやルーティングテーブルのサイズを小さくすることができます。
また、他のエリアの詳細な情報が流れないということは、他のエリアにあるネットワークの変更によって、リンクステートデータベースの同期をとり、SPFアルゴリズムでルーティングテーブルの計算を行う必要がありません。そのため、ルータに余計な負荷をかけることもなくなります。
このように見てみると、OSPFネットワークにおいてはエリアの設計がとても重要になることがわかるでしょう。なお、エリアの識別は、32ビットのエリア番号によって行います。エリア番号は、単純な数字で表記することもあれば、IPアドレスのように「x.x.x.x」で表記することもあります。

OSPFネットワークを複数のエリアに分割する際には、決まりがあります。それは、各エリアは必ずバックボーンエリアに隣接していなくてはいけないということです。OSPFのエリアには、いろんな種類があり、バックボーンエリアもそのうちのひとつです。バックボーンエリアについて詳しくは後述しますが、バックボーンエリアはエリア番号0ですべてのエリアを接続する中心となるエリアです。エリア間のトラフィックは原則としてバックボーンエリアを経由することになります。
すべてのエリアがバックボーンエリアに隣接することから、必然的にOSPFのエリアはバックボーンエリアを中心とした階層型の構成をとることになります。また、OSPFのドメイン内のルート集約はABRで行います。効率よくルート集約をするためには、エリア内のIPアドレッシングを階層型の構成にし、それをうまくOSPFのエリア構成に当てはめていくことが求められます。
エリア設計とともにIPアドレッシングをきちんと考慮することが、OSPFネットワークを設計する上でのポイントと言えます。

ただし、物理的にバックボーンエリアに接続できないエリアが出てくるかもしれません。そのときには、「バーチャルリンク(Virtual link)」というリンクを介してバックボーンエリアに仮想的に隣接させることができます。

更にOSPFを究めるなら!Gene作成の『究めるOSPF』がお勧め!詳細はこちら↓
http://www.n-study.com/library/2005/11/ccnaccnpccieosp.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA