リニモ

【『リニモ(Linimo)』、一言で言うと】
リニアモーターで走行する日本初の本格的な営業路線

詳細な解説は、リクルートキーマンズネットの「リニモ」へどうぞ。

キーマンズネットより引用

リニモ(Linimo)とは、愛知県の名古屋市から豊田市までの起伏の激しい約9kmを、最高時速100kmで宙に浮きながら、実に滑らかな乗り心地で乗客を運んでくれる東部丘陵線のこと。この路線を表す愛称として「リニモ」という言葉が使われている。現在、愛・地球博会場への重要な交通手段の1つとして大活躍の真っ最中だ。つまり、リニモは万博内のパビリオンにある乗り物ではなく、名古屋の東部丘陵地域の基盤となる交通機関として建設されたもので、愛・地球博が閉幕した後もこの地域の人たちの重要な足としてそのまま利用されることになっている。

この続きは、リクルートキーマンズネット「リニモ」で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA