電子帳票システム

【『電子帳票システム』、一言で言うと】
印刷用のデータを取り込み、データ変換してオープン系のサーバからクライアントに帳票データとして提供するシステム

詳細な解説は、リクルートキーマンズネットの「電子帳票システム」へどうぞ。

キーマンズネットより引用

「電子帳簿保存法」により、保管義務のある帳簿を電子状態で保管できるようになった一方、今度の「日本版SOX法」では財務関連情報に関するデータを後に監査可能な形で管理、保管しておくことが義務づけられるようになる。膨大な量に及ぶと思われる関連帳票を合理的・低コストに、しかも安全に保管して、必要な時に検索・利用を可能にするという課題に、現在の電子帳票システムはどう応えるのだろうか。今回は、膨大なホストシステムの帳票類を電子的に管理・運用する電子帳票システムの最新動向をお伝えする。

この続きは、リクルートキーマンズネット「電子帳票システム」で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA