RFID(ICタグ)

【『RFID(ICタグ)』、一言で言うと】
タグやラベルという形に加工されたアンテナ付 IC チップ(これを総称してICタグと呼んでいる)を商品や人に付与し、そのICチップとの間で専用装置(リーダーやライター)を使って情報をやり取りすることで、商品や個人を特定したり認証したりすること

詳細な解説は、リクルートキーマンズネットの「RFID(ICタグ)」へどうぞ。

キーマンズネットより引用

ICタグを中心とするRFIDはユビキタス社会の期待の星として高い注目を集めており、すでに数多くの実証実験が行われてきた。そして今、実用段階に入ったソリューションもいくつか登場し始めてきたことから、情報システムの一部としてICタグシステムを取り込む動きも見られるようになってきた。そこで今回は、RFIDソリューションの基礎知識をしっかり抑えながら、RFID関連製品をハードウエアとソフトウエアに分けて、それぞれの最新トピックスを紹介していく。

この続きは、リクルートキーマンズネット「RFID(ICタグ)」で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA