Web高速化ツール

【『Web高速化ツール』、一言で言うと】
送信するコンテンツを圧縮してサイズを小さくすることで、クライアントのWebブラウザにおける表示速度を高速化

詳細な解説は、リクルートキーマンズネットの「Web高速化ツール」へどうぞ。

キーマンズネットより引用

ECサイトの発展やWebアプリケーションの普及により、Webブラウザにおける高速表示の必要性が高まっている。Web表示の高速化手法としては、一般的には複数のサーバーによる負荷分散や回線の増強といったことが考えられるが、これらの方法はサーバー側の高速化は可能でも、クライアントの回線が貧弱ならば、大きな効果は見込めない。しかし、ECサイトの顧客の回線品質の予想は難しく、また社内システムへのモバイルアクセスが普及しているため、クライアントの回線が貧弱な場合でも高速化したいというニーズが生まれている。そこで今回は、こうしたニーズに応えることができるWeb高速化ツールを紹介しよう。

この続きは、リクルートキーマンズネット「Web高速化ツール」で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA