ネットワークの仕組み、ちょっとおべんきょしてみましょう!
コンテンツ

Cisco(シスコ)

CCIE R&S Configuration Part1 3.1PIMv2

3.1.PIMv2 VL5、VL34、VL234、VL47(R4除く)でマルチキャストパケットを扱います。 SW3のLoopback0を10.10.10のRPとします。RPの設定は標準化されているプロトコルを利用します。 …

CCIE R&S Configuration Part1 2.7 BGP

2.7.BGP SW1、SW2、R3、R5でBGP AS1を構成します。BGPネイバーはすべてのLoopback0を利用します。また、next-hop-selfの設定をしてはいけません。必要ならば、BB1-SW1間、BB …

CCIE R&S Configuration Part1 2.6 MPLS-VPN

2.6.MPLS-VPN R1、R4をPEルータとします。また、SW1、SW2はCEルータとします。MPLSバックボーンのBGP AS番号を300とします。BGPネイバーはLoopback0で確立します。 VRF名は「V …

CCIE R&S Configuration Part1 2.5 IPv6

2.5.IPv6 IPv6構成図のように必要な機器の必要なインタフェースにIPv6アドレスを設定してください。 SW1、SW2のみトンネルインタフェースを作成してもかまいません。ただし、トンネルインタフェースには明示的に …

CCIE R&S Configuration Part1 2.4 再配送

2.4.再配送 SW2でOSPFとEIGRP間の再配送を行ってください。 EIGRPからOSPFへ再配送するときには、Tag200が付加されているルートのみとします。また、再配送したルートを集約してOSPFドメインへアド …

CCIE R&S Configuration Part1 2.3 EIGRP

2.3.EIGRP R1-R4間でEIGRP AS300を構成します。R1-R4間では、MD5認証を行ってください。 SW2-BB2間でEIGRP AS100を構成します。SW2はEIGRP Queryを受信しないように …

CCIE R&S Configuration Part1 2.2 OSPF

2.2.OSPF IGP構成のようにOSPFの設定を行ってください。各機器のLoopbackインタフェースは適切なエリアに含めてください。 フレームリレー上ではネイバーの障害検出を4秒以内にできるようにしてください。 将 …

CCIE R&S Configuration Part1 2.1 IPaddressing

2.1.IPアドレッシング 論理構成図の通りに各機器のインタフェースにIPアドレスを設定してください。 PPPおよびフレームリレーのリンクには直接IPアドレスを設定してはいけません。   【設定】 R1 — …

CCIE R&S Configuration Part1 1.10 PPP

1.1.PPP R3-R5間では、PPPカプセル化を行ってください。 R3-R5間でCHAP認証を行ってください。認証に利用するパスワードは「ci?co」で、ユーザIDは次の通りです。 R3:R3-CHAP R5:R5- …

CCIE R&S Configuration Part1 1.9 PPP over FR

1.9.PPP over FR R2-R3間で認証を行ってください。認証はパスワードを直接送信しない方式を利用します。 認証に利用するユーザIDはルータのホスト名を利用し、パスワード「cisco」とします。   …

« 1 2 3 45 »

サイト内検索

twitter

PAGETOP
Copyright © Office N-Study All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.