ネットワークの仕組み、ちょっとおべんきょしてみましょう!
コンテンツ
  • HOME »
  • コンテンツ »
  • CCIE

タグ : CCIE

CCIE R&S Configuration Part1 5.4 EEM

5.4.EEM R5で60秒ごとにCPU負荷をチェックし、75%を超えたらshow process cpuの出力をメールします。 宛先メールアドレス:admin@n-study.com 送信元メールアドレス:admin@ …

ccie_cfg_part1_24

CCIE R&S Configuration Part1 5.3 Netflow

5.3. Netflow R3 F0/0でNetflowのアカウンティングを有効化してください。 Netflowのフロー情報を1.1.1に送信してください。Netflow Exportのバージョンは9でUDPポート番号9 …

CCIE R&S Configuration Part1 5.2 Syslog

5.2.Syslog R3でバッファーにWarning以上のログを保存できるようにしてください。バッファーサイズは5000バイトとします。 ログバッファーのエラーカウンタを有効化してください。     …

CCIE R&S Configuration Part1 5.1 IP SLA

5.1.IP SLA SW2でIP SLAを有効化します。 SW2からSW1に対してMPLS-VPN経由でTCPポート23に対する応答時間を計測します。SW2からR3に対してPPPリンク経由でICMPトラフィックに対する …

CCIE_CFG_Part1_23

CCIE R&S Configuration Part1 4.5 RSVP

4.5.RSVP R2-R3間でRSVPによるシグナリングを行います。 全体で64kbps、1つのフローで最大16kbpsの帯域幅を予約できるようにしてください。 R2でPATHメッセージを生成し、R3でRESVメッセー …

CCIE_CFG_Part1_22

CCIE R&S Configuration Part1 4.4 AAA認証

4.4. AAA認証 SW1F0/8で1X認証を有効化してください。 SW1へのVTYアクセスの認証をRADIUSサーバで行います。RADIUSサーバが利用できない場合は、SW1のローカルユーザデータベースを利用します。 …

CCIE R&S Configuration Part1 4.3 NTP

4.3.NTP R4は外部のNTPサーバ1.1.1と時刻同期をとります。外部サーバと時刻同期をとれない場合、自身をStratum 5のNTPサーバとして動作します。 SW2はR4と時刻同期をとってください。ただし、SW2 …

CCIE_CFG_Part1_21

CCIE R&S Configuration Part1 4.2 GLBP

4.2.GLBP SW3、SW4でVL34に対してGLBPによるゲートウェイの負荷分散を行います。SW3をAVGとしてください。また、仮想ルータのIPアドレスは168.128.196とします。 負荷分散アルゴリズムは、W …

CCIE_CFG_Part1_20

CCIE R&S Configuration Part1 4.1 AutoQoS

4.1. Auto QoS  R3-R5間でVoIPパケットを絶対優先で転送してください。  これを1つのインタフェースコンフィグレーションモードのコマンドで実現してください。 【設定】 R3 ————- …

CCIE R&S Configuration Part1 3.2 IGMPフィルタ

3.2.IGMPフィルタ R5 F1/0を10.10.10のレシーバとして設定してください。 VL5には10.10.10のレシーバしか許可しないでください。   【設定】 R5 —————- …

CCIE_CFG_Part1_19
1 2 3 6 »

サイト内検索

twitter

PAGETOP
Copyright © Office N-Study All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.