ネットワークの仕組み、ちょっとおべんきょしてみましょう!

「ネットワークのおべんきょしませんか?」は、今やつながっていることが当たり前のネットワークの仕組みをより深く理解していただくためのネットワーク技術解説サイトです。

ITエンジニアの方はもちろん、普段、ネットワークを利用しているすべての方が「ネットワークってこんな風につながっているんだ」って参考にしていただければ幸いです。

さらに詳細はこちら→ 「ネットワークのおべんきょしませんか?」について

また、メルマガ「ネットワークのおべんきょしませんか?PREMIUM」(有料)ではGeneの動画解説コンテンツを提供しております。最新ネットワーク技術解説が月額432円で月4回も読めちゃうんです!ネットワーク技術学習に是非、お役立てください。登録は以下から簡単に行えます。

毎週金曜日発行の無料メルマガ「ネットワークのおべんきょしませんか?」もございます。(動画解説はございません)

YouTubeで公開しているネットワーク技術解説動画

YouTubeにCisco CCNA/CCNP/CCIEの勉強にお役に立てるネットワーク技術の解説動画を公開しています。

OSPF LSDBからネットワーク構成を再現する【シングルエリア】

「ネットワークのおべんきょしませんか?(http://www.n-study.com)」の Gene です。 「究めるOSPF」の追加コンテンツとして、OSPFのLSDBを見てネットワーク構成を再現していく様子を解説する動画を作成しました。 サンプルとして、シングルエリアでのネットワーク構成を再現していく様子をアップロードします。 1台のルータのみでLSDBを見ていって、Visioを使ってネットワーク構成図を描いています。この動画を見ていただければOSPFのLSDBには、どのような情報が入っているかが明確になることでしょう。 マルチエリア構成やOSPF以外のドメインが存在する場合の動画は、「究めるOSPF」についています。

VRFとtunnelインタフェース(GRE over IPSec)

VRF LiteでGRE over IPSecを構成する場合の設定例について、設定と確認の様子をステップバイステップで解説しています。 CCIEv5 Routing & Switchingラボ試験でとても重要です。 この動画での解説の内容は、以下のWebページにあります。 http://www.n-study.com/network/2014/12/vrftunnelgre_over_ipsec.html

BGPの基本的な設定 トラブルシュート

BGPの設定ミスを切り分けるトラブルシュートの簡単な解説です。 設定ミスのないBGPのネットワーク構成は、以下のURLで解説しています。 BGPの基本的な設定 http://www.n-study.com/network/2015/01/bgp_9.html この動画は、以下のURLに基づいた解説です。 BGPの基本的な設定 トラブルシュート http://www.n-study.com/network/2015/02/bgp_10.html CCIEv5では、トラブルシュートセクションについてかなり敷居が高く感じる方が多いようです。決して技術的には難しくありませんが、トポロジを構成する台数が多いため難しい印象があるようです。CCIEを受験される方は、このぐらいの切り分けと修復がさくさくできるレベルを目指しましょう。

PIM SM Basic Configuration Static RP

PIM-SMの基本設定でのスタティックRPの設定の様子をステップバイステップで解説しています。 この動画は以下のURLのWebページの内容についての解説です。 PIM-SMの設定演習 [スタティックRP] http://www.n-study.com/network/2015/02/pimsm_rp.html RPの設定だけではなく、同一セグメントに複数のPIMルータがいる場合はDRによってマルチキャストパケットの転送経路が決まることも重要なポイントです。 スタティックRP以外の設定の様子は、有料版メールマガジン「ネットワークのおべんきょしませんか? PREMIUM」の2015年3月の動画解説コンテンツです。

Anycast RP with MSDP

マルチキャストルーティングのRPの冗長化と負荷分散を行うAnycast RP with MSDPの設定についてです。 解説しているStepは、以下のURLに載せています。 http://www.n-study.com/network/2009/02/anycast_rp_3.html http://www.n-study.com/network/2009/02/anycast_rp_4.html ネットワークのおべんきょしませんか? http://www.n-study.com/

日本語で勉強できる!CCIE R&S ワークブック ラボ#02 Troubleshoot サンプル TT01

日本語で勉強できる!CCIE R&S ワークブック ラボ#02 Troubleshoot サンプルです。TroubleTicket01についての動画解説です。TroubleTicket01は、基本的なPPPリンクの設定ミスです。レイヤ2レベルの切り分けができないと、そのあと、まるごとできなくなってしまうので、レイヤ2レベルのトラブルシュートは、とても重要です。 以下のWebページに動画で解説している内容を掲載しています。 http://www.n-study.com/network/2015/04/ccie_rs_02_troubleshoot.html 日本語で勉強できる!CCIE R&S ワークブック http://www.n-study.com/library/2015/04/ccie_rs.html

MPLS-VPNのさまざまな接続性 フルメッシュ(Any-to-Any)

CiscoルータでのMPLS-VPNの設定例です。最も基本的な拠点間のフルメッシュの接続性についてです。 ここで解説している内容は、以下のWebページにまとめています。 MPLS-VPNのさまざまな接続性 フルメッシュ(Any-to-Any) http://www.n-study.com/network/2014/08/mplsvpn_anytoany.html ※有料メールマガジン「ネットワークのおべんきょしませんか? PREMIUM(http://www.mag2.com/m/P0000264.html)」の2014年8月のバックナンバーを購入していただくと、フルメッシュだけではなくエクストラネット、セントラルサービス、ハブ&スポーク構成のすべての動画解説をダウンロードしていただけます。

MPLS VPNのトラブル その1

MPLS-VPNのトラブルシュートの例です。 動画で解説している内容は、以下のWebページに載せています。 http://www.n-study.com/network/2010/04/mplsvpn_1_ccie_1.html

MPLSによるトランジットAS(ルート集約の影響)

MPLSによるトランジットASの構築の続きです。 http://www.n-study.com/network/2012/12/mplsas.html トランジットAS内でIBGPネイバーのIPアドレスのルートを集約してしまったときにLSPが壊れてしまうということに注意してください。CCIE R&Sのラボ試験で狙われがちな設定ミスだったりします。

不連続サブネットにおけるEIGRPの設定

不連続サブネットでのEIGRPの設定についての注意点です。自動集約が有効になっていると、ルーティングテーブルに正しくルートが登録されなくなってしまいます。 CCNAでよく問題が出てきますね。自動集約が有効なときと無効なときのルートのアドバタイズ、そして、ルーティングテーブル上のルートがどのようになっているかを見てください。

IPSec DMVPN(NHRP Phase1)

Ciscoルータを使ったIPSecのDMVPNの設定と検証の様子です。NHRP Phase1でハブ&スポーク構成の部分を公開しています。NHRP Phase2およびNHRP Phase3の設定については、「ネットワークのおべんきょしませんか? PREMIUM」の2015年8月分の動画解説コンテンツです。

[Cisco] AD,メトリック制御とPBR

CiscoルータでのAD,メトリックによる最適ルートの制御について解説しています。ADやメトリックを調整すれば、最適ルートを柔軟に決められます。最近は、CCIEラボでもあんまり細かいADやメトリックの制御の問題はないようですが、ルーティングテーブルのルートを自由自在に操る設定方法を知っておくと何かと役に立つことでしょう。 後半のPBRは「ネットワークのおべんきょしませんか? PREMIUM」 2015年10月の動画解説です。バックナンバーをご購入いただければ、後半部分を見られます。 http://www.mag2.com/m/P0000264.html

BGP応用設定 【基本設定】

BGP応用設定の動画解説のうち、一番基本的なBGPネイバーの確立とBGPルート生成の様子を動画で解説しています。 残りの解説は、有料版メールマガジン「ネットワークのおべんきょしませんか? PREMIUM(http://www.mag2.com/m/P0000264.html)」の2015年12月のバックナンバーからダウンロード可能です。

コンテンツ

CCIE R&S Configuration Part1 4.5 RSVP

4.5.RSVP R2-R3間でRSVPによるシグナリングを行います。 全体で64kbps、1つのフローで最大16kbpsの帯域幅を予約できるようにしてください。 R2でPATHメッセージを生成し、R3でRESVメッセー …

CCIE_CFG_Part1_22

CCIE R&S Configuration Part1 4.4 AAA認証

4.4. AAA認証 SW1F0/8で1X認証を有効化してください。 SW1へのVTYアクセスの認証をRADIUSサーバで行います。RADIUSサーバが利用できない場合は、SW1のローカルユーザデータベースを利用します。 …

CCIE R&S Configuration Part1 4.3 NTP

4.3.NTP R4は外部のNTPサーバ1.1.1と時刻同期をとります。外部サーバと時刻同期をとれない場合、自身をStratum 5のNTPサーバとして動作します。 SW2はR4と時刻同期をとってください。ただし、SW2 …

CCIE_CFG_Part1_21

CCIE R&S Configuration Part1 4.2 GLBP

4.2.GLBP SW3、SW4でVL34に対してGLBPによるゲートウェイの負荷分散を行います。SW3をAVGとしてください。また、仮想ルータのIPアドレスは168.128.196とします。 負荷分散アルゴリズムは、W …

CCIE_CFG_Part1_20

CCIE R&S Configuration Part1 4.1 AutoQoS

4.1. Auto QoS  R3-R5間でVoIPパケットを絶対優先で転送してください。  これを1つのインタフェースコンフィグレーションモードのコマンドで実現してください。 【設定】 R3 ————- …

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

PR

サイト内検索

twitter

PAGETOP
Copyright © Office N-Study All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.