この部分の広告を募集しています。 詳しくはこちら

Cisco認定資格の紹介 その3

(所属カテゴリー:シスコ---投稿日時:2008年4月18日)

CCNAの概要

NAはアソシエイトレベルの資格でCCENTの上位資格です。
CCENTがネットワークの最も基礎的な部分とCiscoデバイスの扱い方を対象とし ています。CCNAでは、CCENTの内容を踏まえた上でもう少し実践的な内容が追 加されています。

たとえば、アドレッシングではVLSMのめんどくさい計算が必要だったり、ルー ティングについてもCCENTよりもRIPだけじゃなくて、OSPFやEIGRP、そして再 配送など難しめの問題が多くなっています。スイッチングについても、VLANや スパニングツリーといったより高度な機能について知っておく必要があります。 また、Ciscoデバイスの設定についても、設定やshowコマンドの解釈問題や実 際の設定のシミュレーション問題も出てきます。

CCNAは簡単にいえば、

「小~中規模のネットワークをCiscoデバイスで構築・運用できますよ~」

というレベルであることを認定するものです。

CCNAはだいぶメジャーな資格になっていて、SIerやキャリアの新人SEさんは、 CCNAの取得が義務化されていたりもしますね。

下記のCiscoのCCNAについての紹介ページもご覧ください。

CCNA アソシエイト (Ciscoのサイト)
http://www.cisco.com/web/JP/event/tra_ccc/ccc/certprog/paths/associate/ccna.html

CCNAを取得するためには

CCNAを取得する道筋は2つあります。

1. 「640-822J ICND1」+「640-816J ICND2」合格
2. 「640-802J CCNA」合格

どっちでもいいんですが、2つの試験を受験するとそれだけ受験料がかかりま す。受験料も昨年値上がりしていますしね。

少しずつ勉強を進めて最終的にCCNAを取得したいという方は「ICND1」+「ICND2」で。 がーっと勉強して、すぐにCCNAを取得したいという方は「CCNA」を受験するの がいいのかなと思います。

試験はやはりピアソンVUEのCBT(Computer Based Test)です。お近くのピアソン VUEテストセンターで都合のいい日時を選んで受験することができます。

ピアソンVUE
http://www.pearsonvue.com/japan/index.html

ICND2/CCNAの試験範囲

ICND2の試験範囲もCiscoのサイトに載せられています。

「シスコ技術者認定 640-816J ICND2」
http://www.cisco.com/web/JP/event/tra_ccc/ccc/certprog/testing/current_exams/640-816.html

ICND1の内容は前提として考えてください。ICND1の内容に加えて、

・VLAN
・スパニングツリー
・ちょっと高度なルーティング
・ちょっと高度なアドレッシング(VLSM)
・NAT
・アクセスリスト
・フレームリレー

などが主な試験範囲です。

結構、難しいのが問題が単体のカテゴリで完結していないことですね。上記の 複数のカテゴリを組み合わせて問題が出てくることが多いです。たとえば、 VLANとスパニングツリーを組み合わせていたり、ルーティングとアドレッシン グを組み合わせなどなどです。
また、ルータやスイッチの設定およびshow/debugコマンドの解釈の問題も多く なっています。

つまり、単純に暗記すればいいという問題が少ないわけです。きちんとした技 術の理解に基づいて、ほかの技術との連携やCiscoデバイスの具体的な設定・ 検証のスキルが必要です。

CCNAの試験範囲も、Ciscoのサイトにあります。

「シスコ技術者認定 640-802J CCNA」
http://www.cisco.com/web/JP/event/tra_ccc/ccc/certprog/testing/current_exams/640-802.html

これは、単純にICND1とICND2の範囲を合わせたものと考えてください。
2つの試験を別々に受けるよりも、全体の問題数は少ないのですが、問われて いる分野は同じものです。

さて、対策としてはICND1と同じように日経BP社さんより発行させていただい ているテキストをオススメします。

Cisco CCNA ICND1テキスト 640-822[640-802含む]対応

Cisco CCNA ICND2テキスト 640-816[640-802含む]対応

※ICND2テキストはICND1が前提になっている関係上、ICND1テキスト一部の章を そのまま収録しています。

各技術の動作の仕組みを丁寧に解説して、無理なく理解できるように執筆して います。

あとは、机上の勉強だけだとちょっとつらいので、実際にCiscoルータを触っ てみる機会があるといいですね。

また、Cisco認定のCISCO PRESSのテキストも出版されています。

シスコ技術者認定公式ガイド CCENT/CCNA 【ICND1】編(試験番号640-822J)

シスコ技術者認定公式ガイド CCNA【ICND2】編(試験番号640-816J/640-802J) /

こちらは、認定コースで使われているテキストとほとんど同じ内容の本ですが、 翻訳書なのでちょっとわかりにくい面があると思います。お好みに応じて、使 ってください。

Google
Web n-study.com

各コンテンツの最新記事

有料コンテンツライブラリ(ITエンジニア教育資料)

ネットワーク技術雑誌レビュー

ベンダ資格受験記

オススメ!ネットワーク技術雑誌・書籍

MindMapでおべんきょ

結果を出せるコーチング

Geneのつぶやき

The Power of Words

スポンサードリンク

スポンサードリンク