ネットワークの仕組み、ちょっとおべんきょしてみましょう!
コンテンツ

IPv6

OSPFv3の設定

ネットワーク構成 図 OSPFv3 ネットワーク構成 設定条件 図のネットワーク構成で、OSPFv3によってIPv6のルーティングができるようにします。各ルータのルータIDはX.X.X.Xとします。 各ルータのLoopb …

IPv6の基本的な設定

ネットワーク構成 図 IPv6の基本設定 ネットワーク構成 設定条件 各ルータのインタフェースにIPv6アドレスを設定してください。ただし、R3のFa0/0には明示的にIPv6アドレスを設定してはいけません。また、IPv …

IPv6 BGPの設定例 その3

ネットワーク構成 図 IPv6 BGP ネットワーク構成 設定条件 AS65123とAS65004でBGPによってルートを交換して、2001:123:123:2::/64と 2001:4:4:4::/64間で通信できるよ …

IPv6 トンネリングの概要

トンネリングの概要 IPv4ネットワークを介してIPv6ネットワーク間で通信を行いたいときに、トンネリングを利用します。IPv4ネットワークを通じてIPv6パケットを転送するために、境界ルータで転送用のIPv4ヘッダを付 …

IPv6のアドレス解決

IPv6アドレス解決に利用するメッセージ IPv4アドレスのアドレス解決はARPを利用します。IPv6ではARPによるアドレス解決は行いません。IPv6アドレスのアドレス解決のためにICMPv6を利用します。IPv6アド …

IPv6のトラブル その3 解答と解説

解答 なぜホスト間でIPv6の通信ができないのですか。 R1でtunnel destinationの設定が正しくないため、R1-R2間のトンネルインタフェースが正常に機能していないため。 ホスト間でIPv6の通信ができる …

IPv6のトラブル その3

ネットワーク構成 下記のネットワーク構成でホスト間のIPv6通信を行います。 図 IPv6のトラブル その3 ネットワーク構成 ルーティングプロトコルにはOSPFv3を利用します。また、ホストはルータのLoopback0 …

IPv6のトラブル その2 解答と解説

解答 ホスト間のIPv6通信ができない原因は何ですか。 R2のOSPFv3ルータIDを決定できずにOSPFv3プロセスが正しく動作していないから。 ホスト間のIPv6通信ができるようにするためにはどのように設定を修正すれ …

IPv6のトラブル その2

ネットワーク構成 下記のネットワーク構成でIPv6を利用して、ホスト間の通信ができるようにします。 図 IPv6のトラブル その2 ネットワーク構成 ルーティングプロトコルにはOSPFv3を利用します。また、ホストはルー …

IPv6のトラブル 解答と解説

解答 ホスト間の通信ができない原因は何ですか。 R2 F0/0にRAによってIPv6アドレスが自動的に設定されていないため、IPv6の通信ができないため。 また、R1 Loopback0でRIPngが有効化されていないた …

1 2 3 »

サイト内検索

twitter

PAGETOP
Copyright © Office N-Study All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.