4.3.NTP

  • R4は外部のNTPサーバ1.1.1と時刻同期をとります。外部サーバと時刻同期をとれない場合、自身をStratum 5のNTPサーバとして動作します。
  • SW2はR4と時刻同期をとってください。ただし、SW2でntp peerコマンド、ntp serverコマンドを使ってはいけません。
  • SW3はR4と時刻同期をとってください。SW4はSW3と時刻同期をとってください。

 

【設定】

R4

---------------------------------------------------------------------------------
interface FastEthernet0/0
ntp broadcast
!
ntp master 5
ntp server vrf VPN 1.1.1.1
---------------------------------------------------------------------------------

 

SW2

---------------------------------------------------------------------------------
interface Vlan47
ntp broadcast client
---------------------------------------------------------------------------------

 

SW3

---------------------------------------------------------------------------------
ntp server 192.168.100.4
---------------------------------------------------------------------------------

 

SW4

---------------------------------------------------------------------------------
ntp server 192.168.8.8
---------------------------------------------------------------------------------

 

【確認のポイント】

  • show ntp association
    NTPによって時刻同期がとれていることを確認します。

 

【解説】

R4では、外部のNTPサーバ1.1.1.1と時刻同期をとるためにntp server vrf VPN 1.1.1.1の設定を行っています。R4ではVRFを作成しています。外部とはMPLS-VPNバックボーン上ではありません。そのため、VRFを指定してntp serverコマンドを設定します。

実際には1.1.1.1のNTPサーバは存在しません。外部のNTPサーバと時刻同期とれない場合、ルータ自身をNTPサーバとするためにntp masterコマンドを利用しています。

そして、SW2はR4と時刻同期をとるのですが、明示的にNTPサーバを指定してはいけないという条件から、NTPブロードキャストクライアントとして設定します。R4 F0/0をNTPブロードキャストサーバ、SW2 VL47をNTPブロードキャストクライアントとして、時刻同期を行います。

SW3、SW4は通常のntp serverコマンドを利用して、時刻同期を行います。

CCIE_CFG_Part1_21

図 NTPの設定