※ ネットワーク構成
http://www.n-study.com/ccie-rs-configuration-part1-diagram/

5.    Optimize the Networks

5.1.IP SLA

  • SW2でIP SLAを有効化します。
  • SW2からSW1に対してMPLS-VPN経由でTCPポート23に対する応答時間を計測します。SW2からR3に対してPPPリンク経由でICMPトラフィックに対する応答時間を計測します。
  • トラフィックの計測はすぐに開始し、毎日繰り返すものとします。
  • すべてLoopback0インタフェースを利用します。

 5.2.Syslog

  • R3でバッファーにWarning以上のログを保存できるようにしてください。バッファーサイズは5000バイトとします。
  • ログバッファーのエラーカウンタを有効化してください。

 5.3.Netflow

  • R3 F0/0でNetflowのアカウンティングを有効化してください。
  • Netflowのフロー情報を1.1.1に送信してください。Netflow Exportのバージョンは9でUDPポート番号9999を利用します。

 5.4.EEM

  • R5で60秒ごとにCPU負荷をチェックし、75%を超えたらshow process cpuの出力をメールします。
    • 宛先メールアドレス:admin@n-study.com
    • 送信元メールアドレス:admin@n-study.com
    • メールサーバ:1.1.1.1
    • 件名:R5 CPU Utilization High!!!
    • 本文:show process cpu
  • 1分間のCPU負荷のMIB OIDは「3.6.1.4.1.9.9.109.1.1.1.1.7」です。