トポロジの作成

GNS3でエミュレートするトポロジを作成します。トポロジを作成する手順は、次のとおりです。

  1. ルータをトポロジに追加
  2. ルータに必要なモジュールを追加
  3. ルータ間のリンクを追加

ルータをトポロジに追加するには、IOSイメージを指定しているルータのモデルをドラッグ&ドロップします。そして、ルータにモジュールを追加するには、モジュールを追加するルータ上で右クリックし[設定]を選択します。

gns3_20.png

[スロット]タブで追加するモジュールを指定することができます。

gns3_21.png

ルータ間のリンクを追加するには、ルータを右クリックして[Add Link]を選ぶか、ケーブルのアイコンをクリックします。

gns3_22.png

すると、カーソルが十字に変わります。リンクを追加したいルータをクリックして、インタフェースを選択します。

gns3_23.png

そして、接続先のルータをクリックしてインタフェースを選択すれば、ルータ間のリンクが追加されます。

gns3_24.png

また、リンクを削除するときには、[トポロジの概要]から削除したいリンクを右クリックして、[削除]を選びます。

gns3_25.png

ルータの起動とコンソール接続

ルータを起動するには、[再生アイコン] をクリックします。

gns3_26.png

※ルータの台数が多い場合、一度にすべてのルータを起動させると正常に動作できない場合があります。ルータの台数が多い場合は、起動させる際のディレイを設定するか個別に起動させるようにしてください。

gns3_27.png

また、[一時停止アイコン] でサスペンド状態にし、[停止アイコン] でルータを停止させることができます。
ルータが起動すると、[トポロジの概要]部分で起動しているルータと有効なインタフェースの状態がグリーンになります。
ルータが起動したら、[コンソールアイコン] をクリックしてコンソールに接続することができます。または、トポロジ上のルータをダブルクリックすると、コンソールに接続することができます。
GNS3のデフォルトのターミナルソフトウェアはPuttyです。Tera TermなどPutty以外のターミナルソフトを利用する場合は、[編集]→[設定]→[一般設定]→[ターミナル設定]
で変更できます。

gns3_28.png

http://www.n-study.com/network/image/gns3_281.html