Table of Contents

概要

GNS3のCiscoルータを筆者の自宅ネットワークに接続して、インターネットにアクセスできるようにします。

図 ホストOSとの接続の例
図 ホストOSとの接続の例

設定の手順

  1. GNS3上のR1 Fa0/0と自宅ネットワークの接続
  2. DHCPクライアントの設定
  3. R1とインターネットとの通信確認

1.GNS3上のR1 Fa0/0と自宅ネットワークの接続

GNS3上のR1 Fa0/0と自宅ネットワークを接続します。そのために、「Cloud」オブジェクトをワークスペースに配置して、「Cloud」とR1 Fa0/0との間のリンクを設定します。ホストが自宅ネットワークに接続しているネットワークアダプタは「イーサネット」です。そのため、「Cloud」とR1 Fa0/0のリンクは、「イーサネット」で設定します。

これで、R1 Fa0/0はホストを通じて自宅ネットワークにブリッジ接続されます。

2.DHCPクライアントの設定

R1 Fa0/0をDHCPクライアントとして、BBルータからDHCPでIPアドレスを割り当てられるようにします。R1のコンソールから以下のコマンドを入力します。

R1

interface FastEthernet0/0
 ip address dhcp 
 no shutdown

show dhcp leaseコマンドによって、DHCPで割り当てられたIPアドレスなどを確認できます。また、ルーティングテーブルにデフォルトルートが登録されます。デフォルトルートのネクストホップはDHCPで通知されたデフォルトゲートウェイのIPアドレスです。

R1

R1#show dhcp lease
Temp IP addr: 192.168.1.26  for peer on Interface: FastEthernet0/0
Temp  sub net mask: 255.255.255.0
   DHCP Lease server: 192.168.1.1, state: 3 Bound
   DHCP transaction id: 333
   Lease: 86400 secs,  Renewal: 43200 secs,  Rebind: 75600 secs
Temp default-gateway addr: 192.168.1.1
   Next timer fires after: 11:56:51
   Retry count: 0   Client-ID: cisco-cc01.05ac.0000-Fa0/0
   Client-ID hex dump: 636973636F2D636330312E303561632E
                       303030302D4661302F30
   Hostname: R1
R1#show ip route
Codes: C - connected, S - static, R - RIP, M - mobile, B - BGP
       D - EIGRP, EX - EIGRP external, O - OSPF, IA - OSPF inter area
       N1 - OSPF NSSA external type 1, N2 - OSPF NSSA external type 2
       E1 - OSPF external type 1, E2 - OSPF external type 2
       i - IS-IS, su - IS-IS summary, L1 - IS-IS level-1, L2 - IS-IS level-2
       ia - IS-IS inter area, * - candidate default, U - per-user static route
       o - ODR, P - periodic downloaded static route

Gateway of last resort is 192.168.1.1 to network 0.0.0.0

C    192.168.1.0/24 is directly connected, FastEthernet0/0
S*   0.0.0.0/0 [254/0] via 192.168.1.1

3.R1とインターネットとの通信確認

R1とインターネットとの通信を確認します。GoogleのPublic DNSサーバのIPアドレス8.8.8.8宛てにPingを実行すると応答が返ってきて、インターネットとの接続ができていることがわかります。

R1

R1#ping 8.8.8.8

Type escape sequence to abort.
Sending 5, 100-byte ICMP Echos to 8.8.8.8, timeout is 2 seconds:
!!!!!
Success rate is 100 percent (5/5), round-trip min/avg/max = 4/10/12 ms

関連記事