IPv6

IPv6は、IPv4の後継プロトコルです。基本的な役割や、IPv4と同じくあるホストから別のホストまでのデータの転送、すなわち、エンドツーエンドの転送を行うことです。そして、エンドツーエンドの転送以外にもさまざまな拡張がされています。IPv6の動作の仕組みについて解説します。

IPv6アドレスの表記フォーマット

IPv6アドレスは、16ビットの16進数を「:」で区切って表記します。
IPv6アドレスの表記フォーマットと省略形のルールについて解説します。

詳しくはこちら

IPv6ユニキャストアドレス

IPv4アドレスと同様にIPv6アドレスもユニキャストアドレスがメインです。ルータやホストのネットワークインタフェースに設定するのは、ユニキャストアドレスです。
IPv6ユニキャストアドレスの分類とインタフェースIDについて解説します。

詳しくはこちら

IPv6マルチキャストアドレス

IPv6ではマルチキャストの利用が増えていて、IPv4のときよりもマルチキャストは重要です。
IPv6マルチキャストアドレスのフォーマットとイーサネットのMACアドレスとの対応について解説します。

詳しくはこちら

IPv6アドレスの設定方法 ~手動/SLAAC/DHCPv6~

IPv6アドレスを設定するための方法として、手動、SLAAC、DHCPv6があります。
動的にIPv6アドレスを設定するSLAACとDHCPv6の概要について解説します。

詳しくはこちら

IPv6アドレス解決の仕組み

IPv6パケットをネットワーク上に送り出すためには、イーサネットなど物理的なインタフェースで利用するデータリンク層プロトコルでカプセル化しなければいけません。IPv6アドレスに対するデータリンク層アドレスのマッピングが必要です。
IPv6アドレスのアドレス解決について解説します。

詳しくはこちら