VLAN(Virtual LAN)の仕組み

VLAN(Virtual LAN)とは、レイヤ2スイッチでネットワークを分割するための技術です。レイヤ2スイッチでVLANによって、ネットワークを分割することで、ネットワークの論理構成を自由に決められるようになります。また、VLANはネットワーク機器であるレイヤ2/レイヤ3スイッチだけで利用するのではありません。仮想サーバをどのようにネットワークに接続するかを決めるのもVLANの設定です。

ネットワークを分割する必要性

ネットワークを分割する必要性レイヤ2スイッチでVLAN(Virtual LAN)の設定を行うことで、仮想的にネットワークを分割することができます。まず、「なぜネットワーク...

詳しくはこちら

ネットワークを分割することの詳細

「ネットワークを分割する」ことについての詳細な解説です。ネットワークの分割もOSI参照モデルの階層をベースに考えるとわかりやすくなります。

詳しくはこちら

VLANの概要

VLANの概要VLANの特徴として、以下のことがあげられます。VLANとは、レイヤ2スイッチによってネットワークを分割する機能。ネットワークの柔軟性や拡張性が向上...

詳しくはこちら

VLANの仕組み

VLANの仕組みはとてもシンプルです。「同じVLANのポート間でのみイーサネットフレームを転送する」ことでネットワークを分割します。

詳しくはこちら

アクセスポート ~1つのVLANのみに割り当てるポート~

スイッチのポートはポートとVLANをどのように割り当てるかによってアクセスポートとトランクポートがあります。アクセスポートについて詳しく解説します。

詳しくはこちら

トランクポート ~複数のVLANに割り当てるポート~

トランクポートは複数のVLANに割り当てられるポートです。スイッチをまたがったVLANを作りたいときに、スイッチ間をトランクポートで接続すると効率的です。

詳しくはこちら

ネイティブVLAN

ネイティブVLANのイーサネットフレームは、トランク上に転送されるときにVLANタグが付加されません。ネイティブVLANの仕組みについて解説しています。

詳しくはこちら

ホストでのトランクポートの利用 ~PC/サーバのポートを分割~

PC/サーバでもトランクポートとして1つのイーサネットポートをVLANごとに複数に分割できます。Realtekのイーサネットポートでの手順を詳しく解説しています。

詳しくはこちら

VLANの仕組みをより深く理解する

VLANの動作の仕組みをより深く理解するための解説です。このページの内容がしっかりとわかれば、VLANの仕組みはばっちり理解できています。

詳しくはこちら

Cisco DTP ~対向ポートに合わせてトランクポート/アクセスポートに~

Cisco CatalystスイッチはDTP(Dynamic Trunking Protocol)で対向のポートに合わせてトランクポート/アクセスポートを自動的に決定できます。

詳しくはこちら