GNS3の使い方

GNS3は、Ciscoルータをはじめとしたさまざまな機器をエミュレートできるフリーのソフトウェアです。GNS3を利用することで、PC上でさまざまなシステムを仮想的に構成してその動作を確認することができます。CCNA/CCNP/CCIEなどの勉強にもとても役立ちます。

主にGNS3でCiscoルータをエミュレートすることについて解説します。GNS3 v2.xに基づいています。

[GNS3の使い方] GNS3のインストール(Windows10)

Windows10にGNS3をインストールする手順について解説します。

続きを読む

[GNS3の使い方] 実機ルータのIOSをPCにダウンロードする方法

GNS3でCiscoルータをエミュレートするには、実機のIOSが必要です。
実機ルータのIOSイメージファイルをダウンロードする方法について解説します。

続きを読む

[GNS3の使い方] IOSルータテンプレートの作成

GNS3プロジェクトのネットワーク構成を作るために、まず、ルータのテンプレートを作成します。
IOSルータテンプレートの作成手順について解説します。

続きを読む

[GNS3の使い方] GNS3プロジェクト(検証環境)の作成

GNS3プロジェクト(検証環境)を作成して、GNS3でさまざまな検証を行います。
GNS3プロジェクトの作成手順を詳しく解説します。

続きを読む

[GNS3の使い方] ホストOSとの接続

GNS3プロジェクト上に配置したルータなどのネットワーク機器とGNS3をインストールしているホストOSと接続することができます。

続きを読む

[GNS3の使い方]ホストOSとの接続の例

GNS3のCiscoルータを筆者の自宅ネットワークに接続して、インターネットにアクセスできるようにします。

続きを読む

[GNS3の使い方] VPCSの設定と操作

GNSプロジェクトでホストとしてVPCSを利用すると負荷を少なくできます。
VPCSの設定とPingやトレースルートなどの操作について解説します。

続きを読む

[GNS3の使い方] スナップショットの管理

GNS3プロジェクトのスナップショットによって、特定の時点のネットワーク構成と各機器の設定を保存できます。
スナップショットの作成とリストアについて解説します。

続きを読む

[GNS3の使い方] パケットキャプチャ

パケットキャプチャでプロトコルのフォーマットや動作の流れを詳細に確認できます。GNS3ではとても簡単にパケットキャプチャができます。
GNS3でのパケットキャプチャの手順について解説します。

続きを読む

[GNS3の使い方] startup-configを直接編集する

GNS3プロジェクトのデバイスのstartup-configを直接編集することも可能です。ちょっとしたコンフィグの変更をしたいときに、わざわざデバイスを起動してCLIからコマンドを入力する必要がないので便利です。

続きを読む

Solar-PuTTYのフォント、背景色の変更方法

GNS3をインストールすると、Solar-Puttyがデフォルトのターミナルソフトウェアとなっています。
Solar-Puttyの背景色やフォントを変更する方法について解説します。

続きを読む

関連記事