ルーティングプロトコルでアドバタイズするルート情報のフィルタや、メトリックの調整、複数のルーティングプロトコルを利用するときの再配送などより高度なIPルーティングの技術について解説します。

これらの応用技術でルータ/レイヤ3スイッチのルーティングテーブルを思い通りに作り上げIPパケットが転送される経路を制御できるようになります。

ルーティングプロセス ~ルーティングプロトコルのプログラムの実体~

ルーティングプロセスは、ルータ上でルーティングプロトコルの仕様にしたがって具体的な動作をプログラムとして実行してるものです。
ルーティングプロセスを意識しておくと、ルート情報の再配送やフィルタの仕組みを理解しやすくなります。

詳しくはこちら

複数のルーティングプロトコルの利用

ルーティングプロトコルを利用するときには、できれば1種類で統一したほうがよいです。
でも、1種類に統一できずに複数のルーティングプロトコルを利用することもあります。

詳しくはこちら

再配送 ~ルーティングドメイン境界で必須の設定~

複数のルーティングプロトコルを利用しているネットワーク構成では、境界のルータで再配送が必要です。
再配送の動作の仕組みについて解説しています。

詳しくはこちら

Cisco再配送の設定 ~redistributeコマンド~

Ciscoルータで再配送を行うには、redistributeコマンドを利用します。再配送の設定は、慣れないと難しく感じるでしょう。
再配送の設定の考え方とRIP/EIGRP/OSPFに再配送するときの注意点についてまとめています。

詳しくはこちら

Cisco 再配送の設定例 ~OSPFとRIPの双方向再配送~

CiscoルータでOSPFとRIPの再配送を行う設定例です。
ステップ・バイ・ステップで設定と確認を行う様子を解説しています。設定を間違えてしまったときの状態も詳しくわかります。

詳しくはこちら