Ciscoのキホン

Ciscoのネットワーク機器は、企業向けのネットワークで大きなシェアを占めています。 Cisco以外の機器もCiscoライクなコマンド体系を持つことも多くなっています。
Ciscoの機器の設定ファイルの中身やコマンド体系などCisco機器を扱うための基本的な知識を学ぶことは、ネットワーク構築の基本です。

Ciscoルータのメモリ領域とコンフィグレーションレジスタ

Ciscoルータの内部のメモリ領域とコンフィグレーションレジスタについてです。
コンフィグレーションレジスタのデフォルト値とパスワードリカバリ時の値の詳細について解説しています。

詳しくはこちら

Ciscoルータの起動シーケンス

デフォルトのコンフィグレーションレジスタ「0x2012」のときのCiscoルータの起動シーケンスについて解説しています。
サンプルとして、Cisco892の起動時のログも載せています。

詳しくはこちら

設定のための準備

Ciscoのルータを設定したり管理するには、CLI(Command Line Interface)が基本です。CLIで設定するためのPCとルータの接続など準備について解説します。

詳しくはこちら

Cisco機器の設定ファイル

Ciscoの設定ファイルは「running-config」と「startup-config」の2つあります。これらの設定ファイルをきちんと理解しておくことがCiscoの機器を扱う大事な基本です。

詳しくはこちら

Cisco機器の設定の流れ

Cisco機器を設定する流れについて解説します。とても大事なことは、「設定したら確認する」ということです。コマンドを入れてそれで終わりではありません。

詳しくはこちら

Cisco CLIの基礎知識 ~コマンドの種類とモード~

Ciscoのコマンドは設定するための「設定コマンド」と動作や状態を確認するための「確認コマンド」に分類できます。
そして、コマンドを入力するためには適切なCLIモードに移行します。CLIモードはCiscoの機器を設定する一番の基本です。

詳しくはこちら

Cisco機器のインタフェース

ルータやレイヤ2スイッチなどネットワーク機器には、複数のネットワークインタフェースが備わっています。きちんとインタフェースを識別できなければいけません。Ciscoでは、インタフェースを識別するためにインタフェース名をつけています。

詳しくはこちら

CLIのヘルプと補完

たくさんあるコマンドをすべて覚えておくことは現実的ではありません。CLIのヘルプや補完を駆使すれば、コマンドをすべて暗記していなくても適切なコマンド入力ができます。

詳しくはこちら

設定コマンドの削除

設定を間違ってしまった、設定が不要になったら、設定コマンドを削除します。
設定コマンドを削除するためには、「no」をつけてコマンドを再入力すればOKです。

詳しくはこちら

コマンドの一括入力

設定コマンドをひとつひとつ入力するのは手間がかかります。
たくさんのコマンドを一括で入力して、効率よく設定できるようになります。

詳しくはこちら

doコマンド ~コンフィグレーションモードからEXECコマンドを実行~

showコマンドなどのEXECコマンド(確認コマンド)は、EXECモードでないと実行できません。
doコマンドによって、わざわざEXECモードに移行しなくてもコンフィグレーションモードからEXECコマンドを実行することができます。

詳しくはこちら

interface rangeコマンド ~複数インタフェースの一括設定~

interface rangeコマンドで複数のインタフェースに対して一括でコマンドを入力できます。
interface rangeコマンドのフォーマットと例を解説します。

詳しくはこちら

showコマンド表示のフィルタ ~見たい情報だけを適切に表示~

showコマンドでルータの設定や動作の状態を確認します。ただ、showコマンドの表示は場合によっては、非常に長くなってしまいます。
showコマンドの見たい情報だけを表示するためにフィルタをかけられます。

詳しくはこちら

設定ファイルの保存と管理

ルータやスイッチの設定を保存しておかないと電源を切ってしまうと設定も消えてしまいます。
そして、設定を保存するだけでなくバックアップも取るようにしましょう。

詳しくはこちら

IOSファイルシステムの操作

ルータのフラッシュメモリなどのストレージにファイルをコピーしたり、作成、削除などできます。
IOSのファイルシステムの基本的なコマンドについて解説しています。

詳しくはこちら

Catalystスイッチの管理 ~スイッチにIPアドレスを設定する意味~

企業向けのレイヤ2スイッチには、リモートからTelnet/SSHなどでログインするために管理用のIPアドレスを設定します。
レイヤ2スイッチへのIPアドレスの考え方について解説しています。

詳しくはこちら

VTYアクセス(Telnet/SSH)によるリモート管理

遠隔地にあるルータやスイッチを管理するために、Telnet/SSHでリモートログインします。
そのためには、あらかじめ適切な設定をしておく必要があります。

詳しくはこちら

Cisco 初期設定の例

シンプルなネットワーク構成でCiscoルータとCatalystスイッチの初期設定を行っている様子です。
設定コマンドとその動作を確認するコマンドの出力例も詳細に載せています。

詳しくはこちら

CDP ~つながっている機器はなに?~

Cisco機器は、CDPによって、直接接続されている他のCisco機器を検出できます。
CDPの仕組みとCDPの設定、確認について解説します。

詳しくはこちら

Ciscoルータ パスワードリカバリ

Ciscoルータでのパスワードリカバリについてです。コンフィグレーションレジスタの値を0x2142に変更することがポイントです。
Cisco1841でのパスワードリカバリ時のログをサンプルとして載せています。

詳しくはこちら

Catalystスイッチのパスワードリカバリ

Cisco Catalystスイッチでのパスワードリカバリについてです。手順の解説とCatalyst3750でパスワードリカバリを行っているログを載せています。

詳しくはこちら