イーサネットの仕組み

イーサネットは、1つの同じネットワークの中でデータを転送するためのプロトコルです。企業の社内ネットワークや家庭内ネットワークを構築するために、イーサネットをよく利用しています。

イーサネットの仕組みをしっかりと理解して、社内ネットワークや家庭内ネットワークを構築しましょう。

イーサネットの概要

イーサネットとはイーサネットは、OSI参照モデルでは物理層~データリンク層の規格(プロトコル)です。データリンク層のプロトコルなので、イーサネットは同一ネットワーク内のデ...

詳しくはこちら

イーサネットの規格

一口に「イーサネット」といっても、速度や利用する伝送媒体(ケーブル)によってさまざまな規格があります。
イーサネットのさまざまな規格について解説します。

詳しくはこちら

UTPケーブルとRJ-45インタフェース

一番よく使うイーサネットのケーブルとインタフェースイーサネットには、さまざまな規格が存在しています。規格ごとに、利用するケーブル(伝送媒体)やインタフェースの種類はさまざ...

詳しくはこちら

光ファイバケーブル

光ファイバを利用すると、UTPケーブルに比べるて長距離の接続が可能です。また、ノイズの影響も受けません。
光ファイバの特徴と分類について解説します。

詳しくはこちら

MACアドレス ~イーサネットインタフェースはどれ?~

MACアドレスは、イーサネットインタフェースを特定するための48ビットのアドレスです。
MACアドレスの構成やブロードキャスト/マルチキャストMACアドレスについて解説します。

詳しくはこちら

イーサネットのフレームフォーマット

すべてのイーサネット規格でフレームフォーマットは共通イーサネットと名のつくものは、すべて同じフレームフォーマットを採用しています。イーサネットインタフェース間でデータを転...

詳しくはこちら

イーサネットのトポロジ

イーサネットのトポロジは2つネットワークの接続形態をトポロジと呼びます。トポロジで、ホストのイーサネットのインタフェースが伝送媒体によってどのように相互接続されているかを...

詳しくはこちら

CSMA/CD ~ケーブル空いてたら使っていいよ~

CSMA/CDとは10BASE5や10BASE2といった伝送媒体に同軸ケーブルを利用する初期のバス型イーサネットでは、複数のホストで同軸ケーブルを共有していることになりま...

詳しくはこちら