イーサネットの仕組み

イーサネットは、1つの同じネットワークの中でデータを転送するためのプロトコルです。企業の社内ネットワークや家庭内ネットワークを構築するために、イーサネットをよく利用しています。

イーサネットの仕組みをしっかりと理解して、社内ネットワークや家庭内ネットワークを構築しましょう。

イーサネットの概要

「イーサネット」とは、同じネットワーク上のイーサネットインタフェース間でデータを物理信号に変換して伝えるための規格です。

続きを読む

イーサネットの規格

一口に「イーサネット」といっても、速度や利用する伝送媒体(ケーブル)によってさまざまな規格があります。
イーサネットのさまざまな規格について解説します。

続きを読む

UTPケーブルとRJ-45インタフェース

イーサネットで最もよく利用するケーブルであるUTPケーブルと、接続するためのRJ-45インタフェースについて解説します。

続きを読む

光ファイバケーブル

光ファイバを利用すると、UTPケーブルに比べるて長距離の接続が可能です。また、ノイズの影響も受けません。
光ファイバの特徴と分類について解説します。

続きを読む

MACアドレス ~イーサネットインタフェースはどれ?~

MACアドレスは、イーサネットインタフェースを特定するための48ビットのアドレスです。
MACアドレスの構成やブロードキャスト/マルチキャストMACアドレスについて解説します。

続きを読む

イーサネットのフレームフォーマット

イーサネットでデータを転送するためには、イーサネットヘッダを付加してイーサネットフレームとします。
イーサネットフレームのフォーマットについて解説します。

続きを読む

イーサネットのトポロジ

ネットワークの接続形態をトポロジと呼びます。トポロジで、ホストのイーサネットのインタフェースが伝送媒体によってどのように相互接続されているかを表しています。イーサネットは当初、バス型のトポロジです。それが今では、スター型トポロジとなっています。

続きを読む

CSMA/CD ~ケーブル空いてたら使っていいよ~

初期のイーサネットは、1本の同軸ケーブルを複数のホストで使いまわしています。
どのように1本の同軸ケーブルを使い回すかを制御するためにCSMA/CDを利用しています。

続きを読む

ネットワーク技術解説記事のアップデートや新規記事をTwitterでお知らせしています。

「ネットワークのおべんきょしませんか?」内の記事を検索