MPLS(Multi Protocol Label Switching)はラベルによってデータの転送をさまざまな形で制御できるようにしています。MPLSの一番の応用例がMPLS-VPNです。MPLSおよびMPLS-VPNの仕組みについて解説します。

MPLSによるラベルスイッチングの設定と検証

基本的なMPLSによるラベルスイッチングの設定を行います。ルーティングテーブルをもとにMPLSラベルが割り当てられて、FIB/LFIBテーブルに基づいてパケットを転送する様子を確認します。

続きを読む

MPLSによるトランジットASの構成

トランジットASでは、すべてのルータでBGPを有効化してIBGPネイバーをフルメッシュで確立する必要があります。MPLSを利用すれば、AS境界のルータでのみBGPを有効化してIBGPネイバーを確立するだけでOKです。MPLSを利用した拡張性が高いトランジットASの設定と確認を行います。

続きを読む

MPLS 設定ミスの切り分けと修正 Part1

MPLSのラベルを配送してLSPを確立するLDPについて設定ミスの切り分けと修正を行います。

続きを読む

MPLS 設定ミスの切り分けと修正 Part2

MPLSのラベルを配布してLSPを確立するためのLDPについて設定ミスと切り分けを行います。

続きを読む

MPLS-VPNの設定例 フルメッシュ(Any-to-Any)

基本的なMPLS-VPNの設定例です。MPLS-VPNバックボーンでMP-BGPネイバーを設定して、カスタマーの拠点間をフルメッシュで接続できるようにします。

続きを読む

MPLS-VPNの設定例 エクストラネットVPN

MPLS-VPN経由で他社の特定のネットワークとの通信を可能にするエクストラネットVPNの設定を行います。PEルータでRT(Route Target)を追加するだけで、簡単にエクストラネットVPNを実現できます。

続きを読む

MPLS-VPNの設定例 セントラルサービスVPN

MPLS-VPNに接続しているカスタマーに共通したサービスを提供するためのセントラルサービスVPNの設定を行います。
RT(Route Target)によって、各VRFにルート情報を登録することが重要なポイントです。

続きを読む

MPLS-VPNの設定例 ハブ&スポークVPN

MPLS-VPNで特定のネットワークへの通信のみハブ&スポークの転送経路にするための設定例です。ハブ&スポークの転送経路になるように追加でVRFを作成して、ルートをアドバタイズします。

続きを読む

OSPF Sham-linkの概要

Sham Linkとは、MPLS-VPNバックボーンで構成する仮想的なOSPFリンクです。Sham Linkによって、PEルータ間をある特定のエリアのポイントツーポイントリンクで接続しているようにみなすことができます。

続きを読む

OSPF Sham-linkの設定

OSPF Sham-linkの設定コマンドと設定例について解説します。

続きを読む

MPLS-VPN 設定ミスの切り分けと修正 Part1

MPLS-VPNのバックボーンとなるMPLSネットワークの設定ミスについて、切り分けと修正を行います。

続きを読む

MPLS-VPN 設定ミスの切り分けと修正 Part2

MPLS-VPNバックボーンのMP-BGPの設定について、設定ミスの切り分けと修正を行います。

続きを読む

MPLS-VPN 設定ミスの切り分けと修正 Part3

MPLS-VPNのPEルータで、VRFのルーティング設定を正しく行う必要があります。VRFのルーティングの設定ミスについて、切り分けと修正を行います。

続きを読む

MPLS-VPN 設定ミスの切り分けと修正 Part4

MPLS-VPNを介したEIGRPおよびOSPFのルーティングについて設定ミスの切り分けと修正を行います。

続きを読む

MPLS-VPN 設定ミスの切り分けと修正 Part5

MPLS-VPNでは、PE-CE間のVRFのルーティングの設定が必要です。PE-CE間のVRFルーティングのBGPおよびスタティックルートについて、設定ミスの切り分けと修正を行います。

続きを読む

MPLS-VPN 設定ミスの切り分けと修正 Part6

OSPF Sham-linkが必要なMPLS-VPNのネットワーク構成について、設定ミスの切り分けと修正を行います。

続きを読む

関連記事