BGPの仕組み

BGP(Border Gateway Protocol)は、主にインターネット接続サービスを提供するISP(Internet Service Provider)で利用されているルーティングプロトコルです。膨大なインターネットのルート情報を扱うことができる拡張性を備えて、最適ルートの決定を柔軟に制御できることが大きな特徴です。BGPの動作の仕組みとCiscoルータなどのネットワーク機器での設定について解説します。

BGPの概要 ~AS間でルート情報を交換~

BGP(Border Gateway Protocol)は、主にAS(Autonomous System)間でルート情報を交換するために利用するEGPs(Exterior Gateway Protocols)のひとつです。

続きを読む

BGPの動作

BGPの基本的な動作の流れは以下のようになります。
1.BGPネイバーの確立
2.BGPルートの交換
3.ベストパスの選択
4.BGPネイバーの維持

続きを読む

BGPの基本設定と確認コマンド

BGPの基本的な設定の流れは、以下の3ステップです。
1.BGPルーティングプロセスの有効化
2.BGPネイバーの設定
3.BGPルートの生成

続きを読む

BGPネイバーの状態

BGPネイバーの状態として、Idle/Conect/Active/OpenSent/OpenConfirm/Establishedがあります。これらBGPネイバーの状態について解説します。

続きを読む

BGPコンフェデレーションの設定

CiscoルータでのBGPコンフェデレーションの設定と検証コマンドについて解説します。

続きを読む

BGPコンフェデレーションの設定例

CiscoルータでのBGPコンフェデレーションの設定例です。
コンフェデレーションの設定をしているときに、BGPルートのAS_PATHの内容をきちんと理解しておきましょう。

続きを読む

BGPネイバー認証

BGPネイバー認証によって、不正なBGPルータとネイバーにならないようにできます。
ネイバー認証の設定コマンドと簡単な設定例について解説します。

続きを読む

BGP Well Known Mandatory アトリビュート

BGPルートには、さまざまなパスアトリビュートが付加されています。必ず付加されるパスアトリビュートがWell Known MandatoryのORIGIN/AS_PATH_NEXT_HOPの3つのパスアトリビュートです。

続きを読む

BGP 基本的な設定についての演習[Cisco]

BGPネイバーを確立して、BGPルートをアドバタイズするという基本的な動作についてのステップ・バイ・ステップの演習です。

続きを読む

BGPの基本的な設定についての演習 ~トラブルシュート~

「BGPの基本的な設定についての演習」のトラブルシュートです。
設定ミスの切り分けと修復を行います。

続きを読む

BGP ルート集約 自動集約

BGPでは、自動集約をサポートしています。自動集約が有効になっていれば、BGPに再配送されたルートは自動的にクラス境界で集約されます。

続きを読む

BGPルート集約 networkコマンドによる集約

BGPルートを生成するためのnetworkコマンドを利用した集約ルートの生成について解説します。

続きを読む

BGP ルート集約 aggregate-addressコマンドによる集約

aggregate-addressコマンドでBGPの集約ルートを生成することができます。
aggregate-addressコマンドとコマンドが機能するための条件について解説します。

続きを読む

aggregate-addressコマンドのオプション summary-only

BGPの集約ルートを生成するaggregate-addressコマンドのsummary-onlyオプションについて解説します。

続きを読む

aggregate-addressコマンドのオプション attribute-map

BGPの集約ルートを生成するaggregate-addressコマンドのattribute-mapのオプションについて解説します。

続きを読む

aggregate-addressコマンドのオプション as-set

BGPの集約ルートを生成するaggregate-addressコマンドのas-setのオプションについて解説します。

続きを読む

aggregate-addressコマンドのオプション advertise-map

BGPの集約ルートを生成するaggregate-addressコマンドのオプションであるadvertise-mapについて解説します。

続きを読む

BGP選択型集約の概要

BGPの選択型集約とは、集約ルートと一緒に送りたい集約前ルートを柔軟に制御することを意味します。

続きを読む

BGP選択型集約 suppress-map

選択型集約を行うためのaggregate-addressコマンドのsuppress-mapオプションについて解説します。

続きを読む

BGP選択型集約 unsuppress-map

unsuppress-mapによる選択型集約の設定について解説します。

続きを読む

BGP local-as ~ネイバーに他のASのように見せる~

local-asによって、特定のEBGPネイバーに対して本来のAS番号以外のASでBGPネイバーを確立しルートを交換できます。
BGP local-asの動作と設定コマンドについて解説します。

続きを読む

bgp fast external-fallover

bgp fast-external-falloverは、BGP接続に使うインタフェースがダウンしたら即座にネイバーをダウンさせる機能です。

続きを読む

BGP プレフィクス数の制限

ネイバーの設定ミスなどで大量のルート情報(プレフィクス)が送信されると、ルータの負荷が高まり悪影響を受けることがあります。そこで、BGPネイバーから受信するルート情報の数を制限するためにneighbor maximum-prefixコマンドを使います。

続きを読む

BGP COMMUNITYアトリビュートの使い方

COMMUNITYアトリビュートによって、BGPルートをグループ化してさまざまな制御を行います。
COMMUNITYアトリビュートの特徴とその使い方について解説します。

続きを読む

BGP Well-known COMMUNITYのルートフィルタ設定例

BGPルートにWell-known COMMUNITYを付加すると、自動的にルートフィルタが行われます。no_advertise/no_export/local_asのWell-known COMMUNITYによるルートフィルタの設定例です。

続きを読む

BGP プライベートCOMMUNITYによるルート制御の設定例

BGPルートに任意のCOMMUNITYアトリビュート(プライベートCOMMUNITY)を付加して、ルート制御を行う設定例です。

続きを読む

BGP 設定ミスの切り分けと修正 Part1

EBGPネイバーを確立するための設定について、設定ミスの切り分けと修正を行います。

続きを読む

BGP 設定ミスの切り分けと修正 Part2

BGPルートをアドバタイズするための設定について、設定ミスの切り分けと修正を行います。
Well-knownコミュニティとNEXT_HOPアトリビュートへの接続性がポイントです。

続きを読む

BGP 設定ミスの切り分けと修正 Part3

コンフェデレーションとプレフィクスリストによるルートフィルタの設定ミスについて、切り分けと修正を行います。

続きを読む

BGP 設定ミスの切り分けと修正 Part4

BGPのルート集約について設定ミスの切り分けと修正を行います。
suppress-mapとunsuppress-mapによる選択型集約を扱っています。

続きを読む

BGP 設定ミスの切り分けと修正 Part5

BGPのAS_PATHアクセスリストによるルートフィルタについて、設定ミスの切り分けと修正を行います。

続きを読む

BGP 設定ミスの切り分けと修正 Part6

BGPの同期とルートリフレクタについて、設定ミスの切り分けと修正を行います。

続きを読む

IPv6 BGPの設定例 Part1

IPv6 BGPの基本的な設定についてステップ・バイ・ステップで設定と確認を行っています。
Part1では、フルメッシュのIBGPネイバーで設定します。

続きを読む

IPv6 BGPの設定例 Part2

IPv6 BGPの基本的な設定についてステップ・バイ・ステップで設定と確認を行っています。
Part2では、ルートリフレクタでIBGPネイバーを設定します。また、リンクローカルアドレスでEBGPネイバーを設定します。

続きを読む

IPv4 BGPネイバーでのIPv6プレフィックスの交換

IPv4アドレスで設定しているBGPネイバー上でIPv6プレフィクスを交換する設定例を解説します。

続きを読む

関連記事