OSPFの仕組み

OSPF(Open Shortest Path First)は、企業の社内ネットワークで一番よく利用されているルーティングプロトコルです。大規模なネットワークでも、効率よくルーティングテーブルを作成して、IPパケットのルーティングが可能になります。OSPFを効果的に利用するには、その仕組をきちんと理解しておくことが重要です。OSPFの仕組みについて解説します。

OSPFの概要

OSPF(Open Shortest Path First)は、企業の社内ネットワークで最もよく利用されているルーティングプロトコルです。
OSPFを利用する上では、その仕組をきちんと理解しておくことが重要です。ここでは、OSPFの概要について解説します。

続きを読む

OSPFの処理の流れ

OSPFの仕組みを理解するにあたって、まず、全体的な処理の流れを把握しておくことが重要です。
OSPFの処理の流れについて解説します。

続きを読む

OSPFルータID ~OSPFルータを識別~

OSPFはルータIDで各ルータを識別できるようにしています。OSPFの表記はIPアドレスと同じです。
ルータIDの決定方法とCiscoルータでの確認コマンドについて詳しく解説します。

続きを読む

OSPFネットワークタイプ

OSPFネットワークタイプとは、OSPFが有効なインタフェースの分類です。
主なネットワークタイプとネットワークタイプによって決まることについて解説します。

続きを読む

OSPFの基本的な設定と確認コマンド

OSPFの基本的な設定手順は次の2つです。
1.OSPFルーティングプロセスの起動
2.インタフェースでOSPFを有効化

続きを読む

OSPF Hello/Deadインターバルの設定と確認コマンド

Helloパケットを送信する間隔をHelloインターバルと呼び、ネイバーがダウンしたとみなす時間がDeadインターバルです。
Hello/Deadインターバルの設定と確認コマンドについて解説します。

続きを読む

OSPFコストの設定と確認

OSPFで最適ルートを判断するメトリックはパスコストです。経路上のインタフェースのコストを累積したものです。
パスコストの考え方とCiscoルータでのコストの変更と確認について解説します。

続きを読む

OSPFネイバー認証の設定 ~正規のルータとのみネイバーになる~

OSPFには、ネイバーの認証機能があります。認証機能により不正なルータとネイバーになることを防ぐことができます。

続きを読む

OSPFデフォルトルートの生成 ~default-information originate~

OSPFでデフォルトルートを生成して、他のOSPFルータへアドバタイズできます。Ciscoルータでは、主にdefault-information originateコマンドを利用します。

続きを読む

OSPFデフォルトルートの生成 ~スタブエリア~

OSPFのエリアをスタブエリアにすることで、自動的にABRがデフォルトルート(0.0.0.0/0)を生成します。
スタブエリアによるデフォルトルート生成の設定レについて解説します。

続きを読む

OSPFのルート集約と設定

OSPFではABRとASBRでルート集約を行うことができます。
OSPFのABR/ASBRでのルート集約の仕組みとCiscoルータでの設定コマンドについて解説します。

続きを読む

OSPFパケットの種類とOSPFヘッダフォーマット

OSPFは5種類のパケットを定義して、さまざまな処理を行っています。OSPFパケットの種類と、OSPFパケットに共通のヘッダフォーマットについて解説島sう。

続きを読む

OSPF Helloパケット

OSPF Helloパケットによって、OSPFネイバーを確立します。OSPF Helloパケットのフォーマットとネイバーを確立するための条件について詳しく解説します。

続きを読む

OSPFでのディストリビュートリスト/プレフィクスリストの動作

RIPやEIGRPとはルートフィルタ(ディストリビュートリスト/プレフィクスリスト)の動作が異なります。
OSPFでのディストリビュートリスト/プレフィクスリストの動作について解説します。

続きを読む

OSPFでのディストリビュートリストの設定例 Part1

OSPFでのディストリビュートリストのルートフィルタの動作がRIP/EIGRPの場合と違っていることを、シンプルなネットワーク構成をもとにして実機で確認します。

続きを読む

OSPFでのディストリビュートリストの設定例 Part2

OSPFでのディストリビュートリストの設定例 Part2として、エリア間ルート(O IA)や外部ルート(O E2)がある場合についてです。

続きを読む

OSPFのLSAフィルタの概要 ~LSAタイプ3/タイプ5をフィルタ~

OSPFでのルートフィルタは、LSAタイプ3とLSAタイプ5のフィルタです。
LSAタイプ3/LSAタイプ5のフィルタの概要について解説します。

続きを読む

LSAタイプ3のフィルタ設定例

簡単なネットワーク構成でのOSPFのLSAタイプ3のフィルタについての設定例です。
フィルタを適用するinとoutの方向についてしっかりと把握しておきましょう。

続きを読む

LSAタイプ5のフィルタ設定例

簡単なネットワーク構成でLSAタイプ5のフィルタを行う設定例です。
ディストリビュートリストとルートマップを利用したフィルタの設定を行います。

続きを読む

OSPF 設定ミスの切り分けと修正 Part1

OSPFのバーチャルリンクが必要なエリア構成で、設定ミスの切り分けと修正を行います。

続きを読む

OSPF 設定ミスの切り分けと修正 Part2

OSPFのネットワークタイプについて設定ミスの切り分けと修正を行います。

続きを読む

OSPF 設定ミスの切り分けと修正 Part3

OSPFのLSDB同期とフラグメントの影響について、設定ミスの切り分けと修正を行います。

続きを読む

OSPF 設定ミスの切り分けと修正 Part4

OSPFのネットワークタイプについて、設定ミスの切り分けと修正を行います。一見、バーチャルリンクの設定ミスのように見えますが、バーチャルリンク自体の設定ミスではありません。

続きを読む

OSPF 設定ミスの切り分けと修正 Part5

OSPFルータを識別するルータIDについて、設定ミスの切り分けと修正を行います。

続きを読む

OSPF 設定ミスの切り分けと修正 Part6

フレームリレーのハブ&スポークトポロジでのOSPFの設定について、設定ミスの切り分けと修正を行います。

続きを読む

関連記事

「ネットワークのおべんきょしませんか?」内の記事を検索