WAN(Wide Area Network)

WAN(Wide Area Network)とは、企業の拠点のネットワーク(LAN)同士を相互接続するためのネットワークです。WANはNTT/KDDIなどのキャリア(電気通信事業者)が構築しているネットワークで、企業の拠点を接続するためのさまざまなWANサービスを提供しています。

WANへの接続や各種WANサービスの仕組みについて解説します。

WANの概要 ~拠点のLAN同士を相互接続~

WANは企業の拠点のネットワーク(LAN)を相互接続するためのネットワークです。通信キャリア(電気通信事業者)がWANを構築・管理し、WANサービスを提供しています。

詳しくはこちら

WANのトポロジ

WANサービスで拠点のLANを接続するときの接続形態がWANのトポロジです。
WANのトポロジとして、ポイントツーポイント、フルメッシュ、パーシャルメッシュ、ハブ&スポークについて解説します。

詳しくはこちら

DCEとDTE ~WANサービスへの接続~

WANサービスに接続するための接続構成について解説します。
契約したWANサービスに応じたDCEと拠点内のDTE(ルータ)をつなげて、WANサービスに接続します。

詳しくはこちら

専用線の概要

専用線によって2つの拠点間をポイントツーポイント(1対1)で接続できます。あたかも、1本のケーブルで直接つながっているかのように扱えるのが専用線での接続です。
専用線の特徴について解説します。

詳しくはこちら

バックツーバック接続 ~シリアルインタフェース同士を直結~

バックツーバック接続とは、ルータのシリアルインタフェース同士を直接接続する接続形態です。
バックツーバック接続のときに必要な設定について解説します。

詳しくはこちら

IP-VPNの概要 ~IP-VPNは巨大なルータ~

IP-VPNは企業の拠点同士を相互接続するためのよく利用されているWANサービスです。IP-VPNは、簡単にいうと、巨大なルータです。
IP-VPNの概要について解説します。

詳しくはこちら

IP-VPNの仕組み ~MPLS-VPN~

IP-VPNはMPLS-VPNとして構成されていることがほとんどです。
MPLS-VPNのネットワーク構成と契約ユーザのIPパケットを転送する仕組みについて解説します。

詳しくはこちら

広域イーサネットの概要 ~広域イーサネットは巨大なレイヤ2スイッチ~

広域イーサネットで拠点を接続することは、レイヤ2スイッチで接続しているのと同等です。
広域イーサネットの特徴について解説します。

詳しくはこちら