レイヤ2スイッチの仕組み

レイヤ2スイッチ(スイッチングハブ)は、イーサネットを利用した「1つの」ネットワークを構成するためのネットワーク機器です。企業の社内ネットワークのLANや家庭内ネットワークはイーサネットを利用します。すなわち、レイヤ2スイッチは社内ネットワークのLANや家庭内ネットワークを作るための機器です。

レイヤ2スイッチの概要 ~ひとつのネットワークを作る~

レイヤ2スイッチによって「ひとつのイーサネットネットワーク」を作り上げることができます。レイヤ2スイッチの特徴をまとめています。

詳しくはこちら

レイヤ2スイッチの動作 ~MACアドレスに基づいて転送~

レイヤ2スイッチはイーサネットヘッダに基づいて適切なポートだけにイーサネットフレームを転送します。その動作の仕組みを詳しく解説します。

詳しくはこちら

コリジョンドメインとブロードキャストドメイン

「コリジョンドメイン」と「ブロードキャストドメイン」は、Cisco CCNAの試験でよく使われる用語です。それぞれの意味とネットワーク機器との関連をまとめています。

詳しくはこちら

レイヤ2スイッチの転送方式

レイヤ2スイッチが転送の判断をどの時点で行うかによって、イーサネットフレームの転送方式は「ストア&フォワード」「カットスルー」「フラグメントフリー」の3つあります。

詳しくはこちら

全二重通信 ~送信も受信も同時に~

データの送信と受信を同時に行うことが可能なのが全二重通信です。10BASE-T/100BASE-TXイーサネットにおける全二重通信の仕組みについて解説しています。

詳しくはこちら

オートネゴシエーション ~両端のポートの一番いい速度/モードにする~

両端のポートで最適な速度と全二重/半二重を決定するオートネゴシエーションの仕組みと注意スべき点について解説しています。

詳しくはこちら

Cisco 全二重/半二重の不一致(duplex mismatch)

対向のポート同士で全二重/半二重が不一致のとき、Cisco IOS show interfaceコマンドのエラーカウンタについてまとめています。

詳しくはこちら

ポートセキュリティ ~つながっているPCは正規のPCですか?~

ポートセキュリティはレイヤ2スイッチに接続されるMACアドレスに基づいて認証するセキュリティ機能です。ポートセキュリティの仕組みについて詳しく解説します。

詳しくはこちら

Cisco ポートセキュリティの設定

Cisco Catalystスイッチのポートセキュリティの設定コマンドと確認コマンドについて解説しています。

詳しくはこちら

SPAN ~ネットワークのモニタリング~

レイヤ2スイッチを利用しているネットワークで、イーサネットフレームをキャプチャするときにSPANが必要です。
SPANの概要とCiscoでの設定コマンドを解説します。

詳しくはこちら