NETWORK MAGAZINE 2008.8 『完全解剖 「名前とアドレス」』

ネットワーク上の通信を行うには、通信相手の「名前」といろんな「アドレス」
が関係しています。

  • ホスト名
  • IPアドレス
  • MACアドレス

あと、「メールアドレス」や「ポート番号」もアドレスの一部ですね。

いろんなアドレスやら名前やら番号が出てきて、こんがらがってくると、

「なんかネットワークって難しい」

って思うようになるひとつの原因でしょうね、きっと。

ぼくも最初、アドレスやらポート番号、名前がいろんなところに出てきてこん
がらがっていたことがあったなぁと思い出しました。
こんがらないようにするためには、

  • 階層モデルで全体像を把握
  • アドレスや名前、番号の関連性を把握

することがとても大事です。
たとえば、 ブラウザで「ネットワークのおべんきょしませんか?」の Webサ
イト”http://www.n-study.com/“にアクセスする場合は、

  • “www.n-study.com”というホスト名のコンピュータと通信
  • HTTPなのでTCP 80番ポートで通信

を行います。
TCP/IPの通信では、最終的にはIPアドレスを指定したIPパケットを相手に送信
します。そこで、

www.n-study.comというホスト名のコンピュータのIPアドレスがなんなのかが
わからないといけません。www.n-study.comのIPアドレスを調べるための仕組
みがDNSですね。
そして、インターネット上のホストと通信するためには、ルータにルーティン
グしてもらわないとけません。まずは、近くのルータ(デフォルトゲートウェ
イ)まで、イーサネットフレームでIPパケットを送信します。そのときにMACア
ドレスが必要です。近くのルータまで送信するためのMACアドレスを調べるの
がARPですね。

関連を簡単にまとめると、

ホスト名:ポート番号
↓ (名前解決:DNS)
IPアドレス
↓ (アドレス解決:ARP)
MACアドレス

です。

こんな感じで、アドレスやホスト名、番号の関連が理解できるようになれば、
まずは初級レベルをクリアできたといえるでしょう。

今回、紹介しているNETWORK MAGAZINEの記事では、アドレス、名前、ポート番
号の関連と、それぞれ個別に簡単な解説が書かれています。
この辺は、ネットワークの基礎の基礎です。この記事を読めば、ざっとアドレ
ス、名前の関連を確認できます。復習にもちょうどよいですね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA