IPv6アドレスの表記

IPv6アドレスは128ビットもの大きさがあるため、IPv4アドレスのように10進数で表現すると、非常に長くなってしまいわかりにくくなります。そこでIPv6のアドレスは、16ビットずつ16進数に変換したものをひとつのブロックとし、それぞれのブロックを「:(コロン)」で区切る表記方法を行います。 これでもIPv6アドレスはかなり長くなるので、次の省略した表記が可能になっています。

  • 各ブロックの先頭の連続する「0」は省略可能
  • 「0000」は「0」に省略可能
  • 連続した「0000」(=「0」)のブロックは1回に限り「::」に省略可能

IPv6アドレス表記例

省略表記の例も含めたIPv6アドレスの表記方法は次の図のようになります。

図 IPv6アドレスの表記
図 IPv6アドレスの表記

関連記事