トンネリングの概要

IPv4ネットワークを介してIPv6ネットワーク間で通信を行いたいときに、トンネリングを利用します。IPv4ネットワークを通じてIPv6パケットを転送するために、境界ルータで転送用のIPv4ヘッダを付加します。そして、転送用のIPv4ヘッダが付加されたIPv6パケットがあて先の境界ルータに届くと、IPv4ヘッダを除去してIPv6パケットを転送します。

図 トンネリングの概要
図 トンネリングの概要

トンネリングはIPv4とIPv6の混在環境だけでなく、よく利用される技術です。特定のプロトコルのパケットを他のプロトコルのネットワークで転送する技術全般がトンネリングです。

トンネリングのポイント

トンネリングのポイント

トンネリングでは、付加する転送用ヘッダの宛先IPアドレスをどう決めるかが大事なポイントです。

トンネリングを行う際のポイントは、転送用のヘッダをどのように考えるかです。つまり、IPv6をIPv4上でトンネリングするときは、転送用のIPv4ヘッダのアドレス情報をどう決めるかがポイントになります。特に転送用のIPv4ヘッダの宛先IPアドレスの決め方がポイントです(送信元IPアドレスはヘッダを付加したルータのアドレスです)。転送用IPv4ヘッダの宛先IPアドレスの決め方によって、トンネリングは次の分類があります。

  • 手動トンネル(スタティックトンネル)
  • 自動トンネル

手動トンネルは、あらかじめ転送用のIPv4ヘッダの宛先IPアドレスを明示的に設定するトンネルです。手動トンネルはスタティックトンネルとも呼びます。一方、転送用のIPv4ヘッダの宛先IPアドレスを明示的に設定する必要がないトンネルが自動トンネルです。自動トンネルでは、IPv6アドレスの中に転送用のIPv4ヘッダの宛先IPアドレスに使うアドレスが埋め込まれています。自動トンネルにもいくつかの種類があります。自動トンネルの種類と各トンネルで利用するIPv6アドレスは次の通りです。

  • 6to4
    2002:<IPv4アドレス>::/48
  • ISATAP
    <プレフィクス>:0:5FFE:<IPv4アドレス>
  • Auto Tunnel
    ::<IPv4アドレス>

手動トンネルと自動トンネルでの転送用IPv4ヘッダの考え方をまとめたものが次の図です。

図 手動トンネルと自動トンネル
図 手動トンネルと自動トンネル


関連記事

「ネットワークのおべんきょしませんか?」内の記事を検索